デビュー40周年のASKA、「万里の河」をめぐる出会いのストーリー

デビュー40周年のASKA、「万里の河」をめぐる出会いのストーリー
2018年9月に復帰し、現在復帰後2本目のツアー中のASKA。そのツアー「ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA - 40年のありったけ -」でのパフォーマンスが本当に素晴らしい。現在61歳にしてデビュー40周年イヤーで再び高みを目指すASKAに、本ツアーのこと、デビュー40周年のこと、音楽性の変遷、本ツアーへの想いなど膝を交えて聞いた。

ー復帰後初となるバンドでのツアー『ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA - 40年のありったけ -』、3月23日の宇都宮公演を拝見しました。ASKAさんのバンドでのライブを拝見するのは2012年12月の仙台公演以来で、再びバンドで歌う姿を観れること自体感無量だったんですが、それよりもライブの内容が素晴らしく本当に感動しました。

ASKA:ありがとうございます。そう言って頂けて本当にうれしいです。

―少し振り返りたいのですが、復帰最初のコンサートツアーはオーケストラを従えての「billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-」(2018年11月、12月 9都市11公演)だったんですよね?

ASKA:世間的にはオーケストラとのツアーで復帰に見えたと思うんですが、実はあれはカラクリがあったんですよ。コンサートホールは(執行猶予)明け(2018年9月)に貸すことはできるけどその前のプロモーションで「○○の会場でやる」と告知するのは控えてほしいと。会場名を告知出来ないということは実質上ライブができないってことでしょ。復帰を迎えてコンサートを立ち上げたら、ライブが出来るのは復帰してから半年以上は後になるんです。さて困ったなぁと言っていたらありがたいお話をいただいたんです。オーケストラのゲスト・

あわせて読みたい

気になるキーワード

ASKAのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年4月17日の音楽記事

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。