ローリングストーンズから影響を受けた日本のバンドと比較する忌野清志郎の特異性

ローリングストーンズから影響を受けた日本のバンドと比較する忌野清志郎の特異性
今年4月2日に発売された書籍『I LIKE YOU 忌野清志郎』(河出書房新社)。没後10年が経ち、忌野清志郎の音楽を知らない世代にもその魅力を伝えるべく刊行されたもので、様々な形で清志郎の作品、ライブに携わった人物が、それぞれの視点で時代ごとの清志郎の活動について証言している。そこで今回、書籍にも語り手の1人として登場している高橋Rock Me Babyと書籍の編者・フリーライターの岡本貴之により「忌野清志郎とローリングストーンズ」をテーマに対談を行った。3回に亘ってお届けする対談の第1回では、RCサクセションに音楽に与えたローリングストーンズを語った。そして今回は、ストーンズをはじめとする洋楽から影響を受けた日本のバンドも多い中、清志郎が他のミュージシャンと違ったのはどんなところなのか? にフォーカスした。


岡本:清志郎さんの音楽には、ストーンズやビートルズのようなビートの効いたロックバンド以前に、PPM(ピーター・ポール&マリー)などのフォークグループからの影響もあると思いますが、そういったルーツにまつわる会話をご本人としたことってありますか?
高橋:よくしました。RCの20周年のときなんかは、PPMとか、ベンチャーズとかの話をしていましたね。清志郎さんが音楽を始めた当時は海外でフォークブームがあったので、エレキよりもフォークギターを使った方が売れるんじゃないかって思っていたみたいです。そうしたら、全然売れなかったって言ってました(笑)。だから、最初から「売れたい」という気持ちがあったんだと思います。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月4日の音楽記事

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「チェッカーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「チェッカーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「井上陽水」のニュース

次に読みたい関連記事「井上陽水」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。