スピッツ『見っけ』考察、パワフルな演奏に宿った「はぐれ者」への眼差し

スピッツ『見っけ』考察、パワフルな演奏に宿った「はぐれ者」への眼差し
スピッツの3年ぶり通算16作目のニューアルバム『見っけ』が10月9日にリリースされた。連続テレビ小説「なつぞら」主題歌となった最新シングル「優しいあの子」を収録した同作を携え、11月から48本の全国ツアーを控えるバンドの現在地に迫る。

亀田誠治プロデュースにおける変化の歴史

スピッツは今年活動32年目だという。1987年の結成から一度もメンバー・チェンジや脱退がなく、商業的な成功まではいくらか時間を要したものの、ブレイク以降はポップ・シーンにおける存在感を落とさずにいる彼らは、(いまさら言うまでもないが)やはり奇跡みたいなロック・バンドであることは間違いない。特に名曲・名作を残してきた時期がいつになるかと言えば、ファンやリスナーそれぞれで意見が分かれるところだろう。やっぱり初期の3枚こそ至高……『ハチミツ』ぬきにJ-POP史は語れやしまい……『ハヤブサ』の偉大なる実験を忘れてくれるな……亀田誠治と組んでからの近作も安定期と侮るべからず……などなど聴き手の数だけこのバンドの輝けるヒストリーはきっと異なってくる。

先ほど亀田誠治をプロデューサーに迎えた近年を〈安定期〉と称したのは、同タッグがもはや15年以上にわたり蜜月状態にあるからだ。ここまで同じチームでの制作を続けているのは、当然スピッツにとってもはじめてのこと。相性の良さは誰よりも本人たちが知っているはずだが、聴き手としては毎作ごとに変化や挑戦を課していることも留意しておきたい。新作『見っけ』もまたしかり。ゆえに、ここでは亀田と初手合わせとなった『三日月ロック』(2002年)以降のディスコグラフィを簡潔に振り返ったうえで、新作『見っけ』と共にある現在地をまず共有しておきたい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. スピッツ ライブ
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年10月9日の音楽記事

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事

「スピッツ + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「槇原敬之」のニュース

次に読みたい関連記事「槇原敬之」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュース

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら