スカーレット・ヨハンソン『ブラック・ウィドウ』最新予告編公開

スカーレット・ヨハンソン『ブラック・ウィドウ』最新予告編公開
政府の邪悪な陰謀を阻もうとスカーレット・ヨハンソンが奮闘する『ブラック・ウィドウ』の最新予告編が公開された。フローレンス・ピュー、デビッド・ハーバー、レイチェル・ワイズがスーパーソルジャーとしてMCU最新作に集結。

マーベル・シネティック・ユニバース(MCU)がフェーズ4の一環として発表する5月1日に日米同時公開予定の『ブラック・ウィドウ』。アクション満載のスパイ作品の最新予告編が米現地時間3月9日に公開された。

ケイト・ショートランドが指揮するスーパーヒロイン映画の最新予告編では、ブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフを演じるスカーレット・ヨハンソンが危険なミッションに復帰する。最新作の舞台は、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)と『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年)のあいだという設定だ(ロマノフは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でサノスを止めるためインフィニティ・ジェムのひとつを手に入れようとして命を落としている)。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年)にもあるように、孤児だったロマノフはロシア政府の極秘活動によって洗脳され、スーパーソルジャーになるための訓練を受けている。訓練施設”レッドルーム”では、虐待じみた心理分析と恐るべき手術を経験するロマノフ。新作での彼女のミッションは、”レッドルーム”を永久に停止させることのようだ。

高速カーチェイスや接近戦など、最新予告編には『ミッション:インポッシブル』を連想させるアクションが満載だ。さらには、ロシアのスーパーソルジャー、レッド・ガーディアンをデビッド・ハーバー、訓練を経て”ブラック・ウィドウ”となったエレーナ・ベローヴァをフローレンス・ピュー、もうひとりの”ブラック・ウィドウ”のメリーナ・ヴォストコフをレイチェル・ワイズが演じている。3人の完璧なロシア語アクセントも最新作の楽しみのひとつと言っていいだろう。

『ブラック・ウィドウ』
2020年5月1日(金)日米同時公開

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。