すかいらーくグループ全566店舗で24時間営業廃止、働き方改革の一環、サービスの“抜本的改革”へ

すかいらーくグループ全566店舗で24時間営業廃止、働き方改革の一環、サービスの“抜本的改革”へ

すかいらーくグループが全566店舗で24時間営業廃止

すかいらーくホールディングスは1月20日、24時間営業を全店で廃止すると発表した。

今年1月から4月にかけて、現在155店舗ある24時間営業店舗を含め、グループ566店舗(ガスト332店、ジョナサン153店、バーミヤン68店、グラッチェガーデンズ8店、夢庵5店)で、深夜の営業時間を短縮する。

同社はファミリーレストランの先駆けとして1972年から24時間営業をスタートし、2019年12月31日時点で、ガスト62店、ジョナサン92店、バーミヤン1店の計155店舗で24時間営業を実施している。

近年は消費者のライフスタイルや従業員の働き方が時代とともに大きく変化し、2012年には、それに対応する形で大規模な営業時間の見直しを実施。2017年には、従業員のワークライフバランスの推進を目的として、約600店の深夜営業時間を短縮している。

今回の24時間営業廃止について、同社は以下の通り説明。

「食とサービスを提供する企業として持続的な成長を目指すためには、従業員の健康に配慮した職場環境づくりが不可欠であると考えています。当社では、女性やシニアの方々も活躍いただける社会の実現こそが、雇用の充実につながり、働きがいを生み、結果お客様に最高の店舗体験をお届けできるという考えのもと、このたび24時間営業の廃止を決定いたしました」。

今後は、利用客の来店ニーズが高いランチやディナーの時間帯に人的資源を集中させ、ITデジタルの活用も合わせたサービスの抜本的改革を図ることで、顧客満足度の向上に努める。事業を通じたSDGs(持続可能な開発目標)への貢献を重要課題と位置づけ、サステナビリティ(持続可能性)と社会価値増大を実現するため地域社会に貢献するとともに、雇用の充実や働きがいの確保に積極的に取り組む意向だ。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「すかいらーくグループ全566店舗で24時間営業廃止、働き方改革の一環、サービスの“抜本的改革”へ」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    全国的にファミレスは殆どの店舗で、レンジでチンで無駄に高い。プロの板前は誰もいない。しかも調理ほぼなしの冷凍食品で体に悪い。食に疎い人しか食べに行かない。

    1
  • 匿名さん 通報

    レトルトを高額でだす、普通の飲食店になるんですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    働き方改革を、人件費節約の理由に使ってるんじゃないの?

    1
  • 匿名さん 通報

    親と喧嘩したときに擬似家出する避難先としてありがたかったなあ。真冬でも暖かい店内で軽食とコーヒーで粘れたしw

    0
  • 匿名さん 通報

    偶に仕事の関係で他に喰う所がはないから利用するけど、客がいない割には従業員が多いんだよな。俺が帰った後に2時間か3時間営業するけど、あの調子では割り合わないだろう。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。