松屋「うな丼」再登場、本格鮨“すし松”監修、新登場「うなぎコンボ牛めし」「うなとろ牛皿御膳」も

松屋「うな丼」再登場、本格鮨“すし松”監修、新登場「うなぎコンボ牛めし」「うなとろ牛皿御膳」も

松屋「うな丼」が今年も登場

牛丼チェーン「松屋」は7月14日午前10時から、「うな丼」を全国の店舗(一部除く)で販売する。

松屋の「うな丼」は2019年に老舗うなぎ店「小満津(こまつ)」監修メニューとして初登場し、今回が2回目の発売。2020年版の「うな丼」は松屋フーズグループの本格鮨ブランド“すし松”監修。ふわふわとした肉厚な身のうなぎに、松屋特製うなぎダレをかけている。「牛めし」も一度に楽しめる「うなぎコンボ牛めし」に加え、味の変化が楽しめる小鉢がセットになった「うなとろ牛皿御膳」も新しく登場する。また、弁当用の容器を“うな丼専用”にリニューアルし、テイクアウトでもより食べやすくなっている。


販売期間中は、「うな丼」関連メニューを注文した人を対象に、ライス大盛無料キャンペーンも実施する。

なお、テイクアウトの際は弁当WEB予約サイト「松弁ネット」で注文すると、店内の待ち時間を解消できる。受取時間は最短15分後から(一部店舗を除く)。8月3日午前10時までは、通常は10%のポイント還元を20%還元とするキャンペーンも行っている。土用の丑の日(7月21日、8月2日)は更なるキャンペーンも予定しているという。

〈松屋「うな丼」関連メニュー(込価格)〉
◆「うな丼」850円
◆「うな丼ダブル」1390円
◆「うなぎコンボ牛めし」900円
◆「うなとろ牛皿御膳」(とろろ・半熟玉子・牛小鉢付き)1100円
◆「うなとろ牛皿御膳ダブル」(とろろ・半熟玉子・牛小鉢付き)1640円

各商品には「みそ汁」「ミニお新香」「山椒小袋」が付く。ただし、持ち帰りの場合「みそ汁」は別途60円必要。

あわせて読みたい

食品産業新聞社ニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松屋「うな丼」再登場、本格鮨“すし松”監修、新登場「うなぎコンボ牛めし」「うなとろ牛皿御膳」も」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    鰻丼食べたいけど、牛丼のほぼ倍の価格だもんね。だけど、うなぎ専門店なら、うな重など、3千~4千円は並みの価格だよ。 松屋へ行くよ。

    0
この記事にコメントする

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。