JR山手線のE231系500番台 1月に同線から引退 新型E235系への置き換え完了

18年にわたり山手線を回り続けました。

JR山手線のE231系500番台 1月に同線から引退 新型E235系への置き換え完了

「ありがとう」ヘッドマークを取り付けた山手線のE231系500番台(2020年1月17日、伊藤真悟撮影)。

 JR山手線のE231系500番台が、2020年1月をもって同線から引退します。

 JR東日本は2020年1月22日(水)、山手線で進めてきた新型車両E235系電車への置き換えが、1月をもって完了すると発表しました。

 E231系500番台は2002(平成14)年4月に山手線で営業運転を開始し、2005(平成17)年4月には山手線のすべての車両がこのE231系500番台に統一。2020年1月までおよそ18年にわたり山手線を走り続けました。

 新型車両のE235系は、「量産先行車」1編成が2015年11月、「量産車」が2017年5月から営業運転を開始しています。置き換え完了後の山手線におけるE235系は、量産先行車と量産車を合わせて、計50編成(550両)です。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。