新「ご当地ナンバー」5月11日スタート 17の地名表示追加で134種に

記事まとめ

  • 新たに17の「ご当地ナンバー」が追加される。
  • 自動車ナンバープレートの地域名表示は計134種類に増加。
  • 交付は5月8日に終了、11日から新地域名表示での交付に。

新「ご当地ナンバー」スタート 自動車ナンバー 17の地名表示追加134種に

東京は一挙3つ、千葉は4つ、ご当地ナンバー新設です。

新「ご当地ナンバー」スタート 自動車ナンバー 17の地名表示追加134種に

新たに17の「ご当地ナンバー」が追加される(2019年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 2020年5月11日(月)から、全国17の地域で、自動車のいわゆる「ご当地ナンバー」の交付が新たに開始されます。これにより自動車ナンバープレートの地域名表示は計134種類に増えます。

 新たに追加されるご当地ナンバー、およびその交付対象自治体は次の通り。なおカッコ内は、その地域で交付されていた元のナンバープレートの地域名表示です。

・知床:北海道斜里町、小清水町、清里町(以上、北見)、別海町、中標津町、標津町、羅臼町(以上、釧路)
・苫小牧:北海道苫小牧市(室蘭)
・弘前:青森県弘前市、西目屋村(青森)
・白河:福島県白河市、矢吹町、西郷村、泉崎村、中島村(福島)
・市川:千葉県市川市(習志野)
・船橋:千葉県船橋市(習志野)
・松戸:千葉県松戸市(野田)
・市原:千葉県市原市(袖ヶ浦)
・板橋:東京都板橋区(練馬)
・江東:東京都江東区(足立)
・葛飾:東京都葛飾区(足立)
・上越:新潟県上越市、糸魚川市、妙高市(長岡)
・四日市:三重県四日市市(三重)
・伊勢志摩:三重県伊勢市、鳥羽市、志摩市、明和町、玉城町、度会町、南伊勢町(三重)
・飛鳥:奈良県橿原市、田原本町、高取町、三宅町、明日香村(奈良)
・出雲:島根県出雲市、奥出雲町、飯南町(島根)
・高松:香川県高松市(香川)

 これら地域が使用の本拠地となる車両へ向けた、既存の地域名表示によるナンバープレートの交付は5月8日(金)に終了しており、11日(月)から、新たな地域名表示での交付に切り替わります。

 ちなみに、これまで地域名表示が最も多い都道府県は8種類の愛知県でしたが、今回それぞれ3種類、4種類が追加される東京都と千葉県が、ともに計10種類で日本一になります。

あわせて読みたい

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「新「ご当地ナンバー」スタート 自動車ナンバー 17の地名表示追加134種に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    しょうもなっw アホな新物食いが、天下りの至福を肥やしたるだけやw

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「北海道千歳市」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道千歳市」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北海道室蘭市」のニュース

次に読みたい関連記事「北海道室蘭市」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月11日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。