2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは

2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは
拡大する(全4枚)

ハイブリッドは軽自動車でも販売に有利

2021年4月1日に全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は、2021年3月単月の軽自動車販売台数の速報値を発表した。同時にこちらも速報値ではあるが、2020事業年度締めでの、年間販売台数も発表となった。



それによると、ブランド別での事業年度締め軽自動車年間販売台数トップは、54万9409台を販売したダイハツ。2位は53万9396台を販売したスズキとなっている。その差は1万13台となり、月平均での販売台数差にするとわずか約834台となり、まさに“かろうじて”トップを死守したという結果となった。ちなみに、ダイハツの販売台数を100%にした場合、スズキは約98%。



2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が...の画像はこちら >>



2019事業年度締めでの年間販売台数でも、トップダイハツ、2位スズキには変わりはないのだが、ダイハツの販売台数を100%とするとスズキは約94%となり、スズキが2019年比でさらにトップスズキの実現にジワリと近づいたこととなった。



今度は軽四輪乗用車の2020事業年度締め年間販売台数をみると、ダイハツが40万4446台なのに対しスズキは41万9966台となり、トップは逆転してスズキとなっている。2019事業年度締めでは、2万1938台差をつけてダイハツが軽乗用車でもトップとなっていた。



軽四輪貨物車では、2万5533台を販売してダイハツがトップとなっているので、貨物車でのこの差がなければ、ダイハツの2020事業年度締めでの年間販売台数トップはなかったといってもいいだろう。


この記事の画像

「2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは」の画像1 「2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは」の画像2 「2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは」の画像3 「2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは」の画像4

あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。