今注目のアプリ、書籍をレビュー

5

視聴率絶好調「義母と娘のブルース」耳まで美味しい角食に挑む佐藤健、バカだって成長できる8話

2018年9月11日 09時45分 ライター情報:大山くまお
「オレ、麦田章。ベーカリー麦田の店長をやっている。言うまでもないと思うが、人生、モテてきた」

綾瀬はるか主演の火曜ドラマ『義母と娘のブルース』。先週放送された第8話の視聴率は1週のブランクをものともせず15.5%と最高記録を更新! 残り2回でどれだけ上昇するのか、今から楽しみだ。

第2章では、佐藤健の伸び伸びとした元ヤン風の演技が際立ちまくっている。相手が女ターミネーターのようなキャリアウーマン・綾瀬はるかだからなおさらだろう。『半分、青い』の物静かな役柄との落差に困惑している視聴者もいるようだが、ここは『仮面ライダー電王』のときのような佐藤の多重人格っぷりを楽しみたい。
イラスト/まつもとりえこ

ベーカリー麦田復活の秘策は「先代の味」?


ベーカリー麦田の再建に悪戦苦闘する元キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)。焼きたてのパンを提供したものの、客足は離れて行く一方だ。店主の麦田章は亜希子のことが気になって仕方がないようだが、そんな章に亜希子はベーカリー麦田の一時閉店を提案。リニューアルオープンに再起を賭けようとする。

下山(麻生祐未)、晴美(奥貫薫)、猪本(真凛)を集めてパンについてのグループインタビューを行う亜希子。さりげなく下町のオバサン、専業主婦、ワーキングマザー(たぶん)と属性の違う女性を集めているところがさすがキャリアウーマン。3人から繁盛していた頃のベーカリー麦田がいかに街の人々に親しまれていたかを聞いた亜希子は、先代、つまり章の父・誠(宇梶剛士)に会いに行く。狙いは「先代の味の復活」だ。

そしてとうとうベーカリー麦田に誠をつれてきて、渋る章にパンづくりの特訓をさせようとする。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です!」

シンプルなことわざだが、綾瀬はるかにバシッと言い切られるとめっちゃ説得力ある。章の頭を無理やり下げさせるムーブもキレキレ。ちなみに親子役の2人だが、宇梶の身長は188、佐藤の身長は170で18センチ差(いずれも公称)。

反目しあいながらパンづくりを始める2人を見つめる亜希子の表情が心なしか柔和になっているのは、素直に親子の良さを感じているからだろう。一方、みゆき(上白石萌歌)から店について忌憚のない意見をもらうとあからさまに嬉しそうな顔をする。血はつながっていなくても、こちらはこちらで親子なのだ。

味の決め手は「思い入れ」


「何も言わねえのは、何も言うことがねえからだ」

章のつくるパンは特徴のない、美味しくもなければマズくもないパンだった。

ライター情報

大山くまお

ライター。著書に『野原ひろしの名言』『野原ひろしの超名言』(双葉社)、『名言力』(ソフトバンク新書)、『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)など。

URL:Fire Stone and Water

「視聴率絶好調「義母と娘のブルース」耳まで美味しい角食に挑む佐藤健、バカだって成長できる8話」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    > 佐藤健はヤンキー風の芝居をしていてもパンづくりの手付きが大変器用。 ・・・ さすが「天皇の料理番」。鮮やかな手つきだな、と私も思いました。

    6
  • 匿名さん 通報

    >大樹(井之脇海)が行き詰まっていた章のレシピをパソコンで整理して提案する。大樹、有能すぎるでしょ……。  ですよね((^-^))

    2
  • 匿名さん 通報

    期待して待ってます❗❗

    2
  • 匿名さん 通報

    良一さんの写真出たときほんと泣けた。あの笑顔、ああ思い出すだけでうるっとしてきちゃう((T_T))

    1
  • 匿名さん 通報

    長瀬智也の演じるバカヤンキーっぽい

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!