今注目のアプリ、書籍をレビュー

1

今夜最終話「サバイバル・ウェディング」結婚しなくても幸せになれる時代に、波瑠はどうするのです?

2018年9月22日 09時45分 ライター情報:まつもとりえこ
「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系土曜よる10時〜)。
寿退社した夜、一方的に婚約破棄されたさやか(波瑠)。
会社の復職を認めるかわりに宇佐美編集長(伊勢谷友介)が出した条件は「婚活コラムを書いて半年以内に結婚しろ」というもの(ちなみにこのパワハラ、本気にしていたのはさやかだけだったということが9話で判明)。半年以内に結婚なんてできるわけがないと思っていたが、理想的な彼・柏木祐一(吉沢亮)から突然のプロポーズ!

第9話ざっくりあらすじ


柏木祐一(吉沢亮)からプロポーズされたさやか(波瑠)は「世界でいちばん幸せなのはきっと私だ」と幸せいっぱい。
ところが舞い上がり過ぎて大切なことを聞き逃していた。

・インドに行くと宣言
・バンガロール(穏やかで過ごしやすい気候の大都市)じゃなくて、チェンナイ(さやかが旅行した時の印象は「暑くて観光をやめた」)
・転勤(2〜3年)じゃなくて、会社をやめて開業
・父の反対を押し切って永住

落ち着くにつれ、どんどん不安が膨らんでいく。
住んだことのない外国で暮らしていけるのか。事業に失敗したらどうするのか。
インド行きの不安以外にもさやかの中で「何か」が引っかかっていた。
イラスト/まつもとりえこ

さやか母(財前直見)「お母さんの時代は結婚したら相手の家に嫁ぐんが当たり前やったけど今はいろんな選択があるやろ?結婚せんかったら幸せになれんげな昔の考えや。東京で立派に仕事して、職場の人たちもみーんな良い人たちやったし。宇佐美さん、おもしろか人やったしねぇ」(母は仕事を推奨しているわけではなく、さやかが幸せならばどんな生き方でもいいという考え。後日「あんたが祐一さんについて行きたいと思うんやったらついて行きんしゃい!」とエールを送っている)

栗原美里(奈緒)「私も結婚するなら好きな人がいいですけど、そもそも不安定な生活をする人を好きにならないかな。だって経済力だってその人が頑張って積み上げたものだからそれを分けて考えるのっておかしいじゃないですか。結婚って自分の人生の大切な選択だから、相手もちゃんと選びたいんです。」

母の言う通り、「結婚せんかったら幸せになれん」というのは「昔の考え」だ。
でも結婚したいほど好きな相手がいるのに「生活が不安定になりそうだから」という理由で結婚しないのはどうなんだろう。祐一が誠実で、仕事も真面目に取り組む人だということはさやかも見ているはず。もっと信用してあげてもいいんじゃないのかな。

ライター情報

まつもとりえこ

イラストレーター。趣味はiPhoneアプリを使ったらくがき。お笑い、音楽、カレーが好き。石川県金沢市出身。

URL:Twitter:@riekokonishi

「今夜最終話「サバイバル・ウェディング」結婚しなくても幸せになれる時代に、波瑠はどうするのです?」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    どこか生ぬるいメルヘン的なドラマだなあと思った。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!