「三菱UFJ銀行」騙る偽メールが届いた…絶対に記載のURLをクリックしてはいけない!

 昨今被害が拡大している「偽メール」があまりにも精巧すぎることから、今回は注意喚起を促す意味で「特殊詐欺」関連について述べてみます。偽メールに関しては、恥ずかしながら筆者も騙されかねない状況だったことを付け加えておきましょう。

 コロナ禍では、給付金詐欺や押し込み強盗など特殊詐欺(一括りにするのはやや強引ですが、お許しを)まがいのことが頻繁に発生しているようです。特殊詐欺はこれまでも発生していたのですが、新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言の発令・解除が行われて以降、急増していると感じるのは筆者だけではないはずです。

 ひとついえるのは、家計が保有する現金・預金が急増していることもその背景と考えられます。日本銀行が四半期ごとに公表している「資金循環統計」によれば、2020年6月末現在で家計が保有する現金・預金は、速報値ベースで1036兆円もあります。過去最高額を更新しているうえ、対前年比ベースでは現行の統計になった2005年以来もっとも増加率が高くなっています。

 一律10万円の特別定額給付金が支給されたことが急増の要因のようですが、お金を手元に置くいわゆる「タンス預金」の伸び率は、預金額のそれより高いはずです。金利が低いとはいえ、多発する押し込み強盗などのリスクを考えれば、現金を手元に置くよりは銀行に預け入れておいたほうがよいのはいうまでもないことです。新型コロナで外出を控えたい気持ちを考慮すれば、現金を多めに手元に置きたい気持ちも理解できるものの、命の次に大切なお金なのだから安全なところに置いておく(預けておく)べきでしょう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「三菱東京UFJ銀行」に関する記事

「三菱東京UFJ銀行」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三菱東京UFJ銀行」の記事

次に読みたい「三菱東京UFJ銀行」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク