bit

ウインナーソーセージってなぜ2袋セット?

ウインナーソーセージってなぜ2袋セット?
なぜかこの形で売られるウインナーソーセージ。逆に、違う感じで売られると、もはや、ウインナーだと認識できないかもしれません。
スーパーに置かれてるウインナーソーセージって、よく考えてみるとパッケージが独特。

なぜか2袋セットで売られてることが多くて、なぜかパンパンに膨らんでて、封がしてあるのになぜかさらにテープでもくくってあって、しかもそのテープはなぜか金色で……。
やけに謎が多い、ウインナーのパッケージ。どうしてこんな形で売られてるんだろう。

まずは2袋セットで売られてる理由について、伊藤ハム株式会社に話を伺った。
「食品には1袋ごとの量を多くした『お徳用タイプ』と言われる商品がありますが、ウインナーの場合は保存性を考えて、1袋ごとの量を多くするのではなく、2袋セットで販売しているんです。当社ではウインナーの袋に、安全な窒素ガスを入れることで美味しさを保っておりまして、開封するとこの効果がなくなってしまいます。そこでお得なタイプでありつつ、少しずつ使いたいというニーズにもお応えしているんです」
確かに2袋なら、たくさん使いたい人にとっても、弁当などで少しだけ使いたい人にとってもお得。そんな結果、工場の段階で2袋セットが作られているようだ。

じゃあ次に、テープでくくってある理由は?
「もともとの理由は分かりませんが、現在はテープでくくったこの巾着型が、ウインナーのパッケージとして認知されている形であることが挙げられます。保存とは関係なく、デザインの一部とお考えください。また2袋セットにすることで、売り場で立たせて置くこともできるんですね。すべては、消費者の方に手にとっていただくための工夫なんです」
袋がパンパンに膨らんでるのも、機能性じゃなく見た目の理由なんだとか。ボリューム感を出すためってのが正直なところらしい。だから冷蔵庫でかさばって入らないな~と思ったら、テープを取ってペシャンとさせた状態で保存して大丈夫。

ちなみにテープが金色なのは……、
「他の製品よりも目立つようにとつけています。結果的に、どの製品も似たパッケージになってしまっていますが……」

差別化の工夫が一般化していった結果、ウインナーは独特なパッケージになったってわけです。
(イチカワ)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年8月5日のコネタ記事
「ウインナーソーセージってなぜ2袋セット?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    単に、ひと袋の内容量が少ないことを誤魔化す仕様というだけのこと。日本の小売業のセコさは有名だからね。

    6
  • 匿名さん 通報

    ナルホド

    5
  • 匿名さん 通報

    こんなバカげた包装してるのは日本だけ。ドイツっぽいネーミングが多いけど本場にはない。生ソーセージ以外は真空パックで冷蔵販売されてる。ガス充填包装は言い訳。テープが安ピカ感を倍増させてる。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース