bit

デジカメを垂直の壁に!? 貼り付けてみる

デジカメを垂直の壁に!? 貼り付けてみる
垂直な壁もなんのその。吸盤付きのカメラマウント『FAT GECKO』。
カメラを固定して撮影する道具は「三脚」だけではない。2個の大きな吸盤が付いたカメラマウントなるものを発見。「すごい吸着力」というので、その力を試してみた。

今回紹介する吸盤付きのカメラマウントは、米デルキンデバイセズ社製『FAT GECKO』。製品名を直訳すると「ふとったヤモリ」ということで、外観と機能の特徴から名づけられたのだろう。日本では4月3日にデジカメ周辺機器販売のHSGiから発売。価格は1万3800円。

使い方はまず、カメラの三脚穴に連結。つぎに、取り付ける面の状態に合わせて、吸盤の角度を調整する。そして、2個所のボールジョイント部を動かしてカメラの向きを決める。さていよいよ吸着させるわけだが、吸盤のプレスボタンを押し、レバーを引き上げると簡単にピタッと張り付く。

かなり強く引っ張ってみたがはがれない。このふとったヤモリ、相当な根性がある。2.7kgまでのカメラを装着でき、滑らかな面に吸着する。街中に出て、垂直な鉄の壁に貼り付けてみた。正直、「万が一落下したら、一眼レフカメラは無事では済まない」と心配していた。その日は強風だったのだが、ストラップがたなびくだけで、カメラはがっちり支えられ、微動だにしない。
「本棚の横に、FAT GECKOを使って一眼レフカメラを貼り付けたところ、3日間付いていました。最後は自分で外したので実際どのくらいくっついていられるものかはわかりませんが」(HSGi)と脅威の粘り、持続力だ。ちなみに、レバーを下ろし吸盤をちょっと引っ張っればすぐはがれる。

あわせて読みたい

  • 360度パノラマ写真が撮影できるデジカメ

    360度パノラマ写真が撮影できるデジカメ

  • 大きなカメラが欧米で根強い人気?

    大きなカメラが欧米で根強い人気?

  • 広角レンズはどこまでワイドになるのか?

    広角レンズはどこまでワイドになるのか?

  • コネタの記事をもっと見る 2009年4月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース