bit

上着のポケットに入るミニプロジェクター

上着のポケットに入るミニプロジェクター
『トイジェクター』(PPR-QT1)。カラーはレッドとホワイトの2種類。プリンストンテクノロジーから11月下旬発売。予想実売価格1万2800円前後。
デジタル家電、小さいことはいいことだ!
携帯を楽にするために、デジカメや音楽プレーヤーなどの小型、薄型化が年々進んでいるが、今度は写真や動画を壁などに投影する手のひらサイズのプロジェクターが登場した。
果たして、このサイズでどのくらい映るものなのか試してみた。

この小さい奴は、『トイジェクター』(プリンストンテクノロジー製)と言って外見的にはおもちゃのようである。上着のポケットに入れて簡単に持ち運びできるサイズ(50×50×50ミリ)、重さ(約120グラム)だ。三脚が付属しており、155ミリまで伸ばすことができるほか、プロジェクターを天井に向けて投影するときに便利。

さて、このプロジェクターの便利さは、やはりどこでも持って行けて、初心者でも簡単に投影できることだろう。たとえば、旅行先にデジカメと一緒にもっていくと、部屋の壁にその日に撮ってきたばかりの写真や動画を観られるわけ。

しかも、操作方法は説明書を読むのでもないほどシンプル。デジカメとプロジェクターをAVケーブルでつなぐと自動的に電源が入る。部屋を暗くしてデジカメ側の画像再生ボタンを押すと、写真、動画が投影される。ピント合わせはプロジェクターのレンズを左右に回して行う。

なんと、最大50インチの画像を投影可能。さらに、スピーカー内蔵なのでDVDプレーヤーにつないで映画を観るのもいいだろう。
筆者も『トイジェクター』を使ってみた。撮ってきたばかりの駅前にあったクリスマスのイルミネーションを部屋の天井に投影。ピカピカしてキレイ。
チカチカ点滅を繰り返すイルミネーションの場合は、動画で撮影したほうが、プロジェクターで投影したとき、楽しさが倍増しますよ。ただし、座って天井を向いていると首が痛くなるので、ベッドなどに寝て観ましょう。

この小さいボディと投影機能を活かしたもっと楽しい使い方があるかも。あなたなりの楽しみ方を発見してください。
(羽石竜示)

あわせて読みたい

  • ノートPCはどこまで小さくなる?

    ノートPCはどこまで小さくなる?

  • 薄型キーボードって壊れやすい?

    薄型キーボードって壊れやすい?

  • 撮影画像が確認できない!? デジカメ

    撮影画像が確認できない!? デジカメ

  • コネタの記事をもっと見る 2009年11月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース