bit

CD、レコードに静電気が発生するとどうなる?

CD、レコードに静電気が発生するとどうなる?
静電気除去ボックス『SK-EX2』(SFC社)。オーディオ機器会社ユキムから11月販売。希望小売価格3万1290円。
「パチ、パチ、パチ」――静電気って嫌ですよね。
これからの時期、洋服などによく発生する静電気だが、ほかにもいろんな物に帯電する厄介なヤツだ。たとえば、音楽CD、動画DVD、アナログレコード。キャリングケースからの出し入れだけで、CDで500~1500ボルト、LPで3000~2万ボルトの静電気が発生する。では、静電気を帯びた状態で再生した場合、どのような影響が出るのだろうか。静電気除去ボックス『SK-EX2』を扱うオーディオ機器会社のユキムに聞いてみた。

――静電気が発生するとどうような現象が起こるのか。
「静電気が音に悪影響を及ぼすことは昔からよく知られています。たとえば、レコードを聴いたことがある人は、パチパチというノイズを聞いたことがあると思います。この現象の多くが実は静電気によるものなのです。また、CDなどの光ディスクでは、声の『シ音』がきつく聴こえたり、音質自体が何となく『もや』っとしたようになります」

――つまり、本来持っている音が再現できないということ?
「そうです。ところが、帯電に気づかず、それが普通の音と勘違いしてしまっているユーザーが多いと思います。いくら高い読み取り精度を誇る高級CDプレイヤーを使用しても、盤面自体の静電気が音再現の邪魔をしているのは、もったいない限りです」

――光ディスク、レコードがよく帯電するのはどうしてか。
「レコードは、ポリ塩化ビニールという音の記録に適している素材を使用しているのですが、反面、帯電しやすい素材でもあります。他方、光ディスクの素材はおもにポリカーボネートです。この素材もよく帯電します。スピンドルパックのCD-Rを購入したとき、1枚ずつ取ろうとすると『ネバ~』っという静電気を感じたことがあると思います。つまり、CDが購入したときから帯電してしまっているのです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2010年10月28日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。