bit

ヴィッテルでヴィッテルを汲んでみた

ヴィッテルでヴィッテルを汲んでみた
ヴィッテルが流れ出す泉。何リットル汲んでももちろん無料!
フランス産ミネラルウォーターといえば、エビアンとボルビック、そしてヴィッテルが有名だ。赤いキャップのボトルは、フランス自転車ロードレース、ツール・ド・フランスの公式飲料としても知られている。ところで以前、エビアンとボルビックでは水を汲んできたエキサイト編集部。今度はヴィッテを汲んでみたい! ということで、まずはどのような水なのか調べてみた。

「フランス東部、ヴェージュ山脈の麓の水源保護地域から生み出されるヴィッテルは、高度約315の『硬水』です。紀元前1世紀にローマ皇帝ヴィテリウス(Vitellius)が訪れ、泉の水を浴びたことから、『Vittel(ヴィッテル)』という地名が生まれたといわれています。除草剤・差駐在といった化学薬品の使用を制限急いた農法の指導や、地質への影響を考慮した家畜数の制限をはじめ、万が一、事故で流出したガソリンが土壌を汚染する危険を回避するためアスファルト道路の下に特殊シートを敷くなど、水源地域の環境を驚かすリスクには徹底対応。専門家と農家が対話を繰り返し、人と自然のたゆまぬ共生を実現しています」(ヴィッテル公式HP)

これで一通りのイメージはできた。さて降り立ったのは華の都、パリ。美味しそうなフランス料理にもワインにもマカロンにも目をくれず、すぐにパリ東駅へ直行。TGVに乗り込んだ。

フランス東部、ナンシーという町で乗り換えて、約3時間半かけ目的地に到着した。すると(当然だが)駅名からすでにヴィッテル! 感動を覚えつつ、早速水を汲める村内のスパリゾートへ向かった。すると、そこにはこんこんと湧き出るヴィッテルが! もちろん、ヴィッテルはヴィッテルのペットボトルで汲みたいので、あらかじめ近所の売店でヴィッテル500mlを購入していた。まずはそれを空けねばと湧出口でイッキ飲み。空にしたらいざ採水へ。すでにボトル一本分を飲み干しているので若干つらいが、引き続き湧出口からのヴィッテルを試飲。存分に飲んで汲んで任務は完遂された。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2011年9月21日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース