review

消えてしまった13代目前田敦子?〈「AKB0048」河森正治総監督に聞く1〉

河森 最初、キングレコードの大月(俊倫)プロデューサーから、AKB48をモチーフにしたアニメを作れないかというお話が来まして。それで、いろいろ考えたんですけど、なにしろ現実に活動中のグループじゃないですか。しかも、アイドルでありながら、バックステージの様子まで、ファンに見せているグループ。
ーー僕も、ドキュメンタリーを見て、そこに驚きました。
河森 2、30年前のアイドルの場合はバックステージが謎に包まれてたから、そこをアニメで描くという作り方もできたんですけど。AKB48の場合、裏を見たければ、ドキュメンタリーを見れば良い。だから、視点を変えて、AKB48というコンセプトがもってる面白さはなんだろうということから考えていきました。当時は、僕もそんなに詳しい方じゃなくて、選抜メンバーの2、3人くらいは知ってるみたいな状態で。
ーー「AKB0048」が始まるまでは、僕も同じくらいの知識でした。
河森 でも、調べていくと、すごく面白くて。ライバル関係でありながら、チームワークを大事にしてたり。バックステージがハードだったり。しかも、今の日本で、あの年代の女の子が突っ込まれてる場所とは思えないくらいのハードさ(笑)。
ーーそこまで、ハードなのですか?
河森 単に物理的にハードということなら、アスリートなどもそうなんですけど。精神的にあそこまで追い込まれてる集団って見たことない(笑)。そのハードさと、可愛らしいアイドルというイメージのギャップが、あまりにも大きかったんですね。そのギャップの大きさをアニメでも表現したいと思ったのですが、そのまま描くだけでは、AKB48の場合、縮小再生産にしかならないんですよ。なぜなら、秋葉原の劇場に行けば、ほとんど毎日でも実際の活動を目の前で見れてしまうから。なので、アニメらしくデフォルメしようと考えたんです。そのための舞台として、芸能が禁止されている世界という設定は、わりと早く思いつきました。裏は戦場みたいという感覚を描くために、本当に戦火のある時代にしたかったんですよ。その設定で描けば、やっと(実際のAKB48と)同じくらいのハードさになるかなと(笑)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年7月12日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。