review

アニメの世界に引き戻したのは、あだち充の漫画だった「アニメ師・杉井ギサブロー」

杉井ギサブローという名前は、いっぱしのアニメファンならよく知っていると思う。古くは東映動画(現・東映アニメーション)の長編第1作『白蛇伝』(58年)にアニメーターとして参加、その後は手塚治虫率いる虫プロダクションで国産テレビアニメ第1号『鉄腕アトム』(63~66年)を作り上げた人物だ。アニメ版『ルパン三世』(71年~)の企画を立案したのもこの人だし、『まんが日本昔ばなし』(75年~)の立ち上げに携わったのもこの人。『あしたのジョー』(70~71年)や『ガンバの冒険』(75年)などで知られる故・出崎統監督の兄貴分でもある。

現在40歳の僕にとっては、なんといっても『タッチ』(85~87年)と『銀河鉄道の夜』(85年)が記憶に残っている。前者はあだち充原作、視聴率30%を記録した大ヒットアニメで、岩崎良美による主題歌は日本でもっとも有名なアニメソングのひとつだろう。後者は宮沢賢治原作、別役実が脚本、細野晴臣が音楽で参加した幻想的な劇場長編アニメ。ますむらひろしの絵による猫の姿をしたジョバンニとカムパネルラを覚えている人も多いはずだ。

……と、こう書くとまるで歴史上の人物のようだが、杉井はバリバリ現役のアニメ監督である。現在は最新作の劇場長編アニメ『グスコーブドリの伝記』が公開中だ。時を同じくして、杉井を追ったドキュメンタリー映画『アニメ師・杉井ギサブロー』(石岡正人監督)も公開されている。このベテランアニメ監督のことを深く知るには最適の2本が同時に公開されていたということになる。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク