bit

JALの新制服、デザインのこだわりとは?

JALグループの新しい制服が発表された。制服を刷新するのは2004年以来、実に約9年ぶりだ。

新生JALの新制服。いったいどんなものなのか? 先日、そのお披露目イベントに参加し、新デザインに込められた思いやこだわりを聞いてきた。

今回は客室乗務員をはじめ、搭載・貨物部門など航空運送事業に関わる全部門の制服が一斉に変更となる。なかでも注目は客室乗務員と地上スタッフの新制服。服飾ブランド「ケイタマルヤマ」を率いる丸山敬太さんがデザイン制作・監修したものだ。

「ファッションデザイナーとして日本を代表するエアラインの制服をデザインすることは夢のひとつでもあった」
という丸山さん。“制服”というジャンルのデザインについては、
「機能とデザインをいかに両立させるかが難しいが、デザイナーの技量を問われるという意味で楽しい」
とのこと。今回はデザインの構想段階からプロジェクトに参画。実際に着用する社員のリアルな声を取り入れながら、デザインを作り上げていったのだという。

具体的には、「運動量が多くて暑い」という声に応えて通気性をよくし、ストレッチが入った素材で動きやすさを重視。また、高いところへの荷物の上げ下ろしがしやすいパターンを採用したり、それぞれの用途をリアルに考えたポケットを作ったりと、細部にいたるまで現場の意見を活かしている。ちなみに、ジャケットの袖丈が短めなのは、長いと動きにくいうえ、手首を出したほうがきれいに見えるという理由からだそう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク