bit

フォロワー3万人!役に立たない英語をつぶやき続けている中山さんの正体

フォロワー3万人!役に立たない英語をつぶやき続けている中山さんの正体
「素敵な有刺鉄線ですね」「ありがとう。自分で編んだんです」(「試験に出ない英単語」より:イラスト 千野エー)
「部長は真っ裸でサンタクロースを追いかけていた。」
The department manager tried to tackle the Santa Claus while completely naked.

「ボブは打合せ中に偶然、クライアントの性感帯を発見した」
Bob accidentally found a client's erogenous zone in the business meeting.

覚えたところで何の役に立たなさそうな英語を、ツイッターでつぶやいている男がいる。彼の名前は中山さん。毎日、どんどん増えているというフォロワー数は38943人(2013年1月15日現在)。あっという間に4万人を超えそうな勢いだ。昨年の10月には「出ない順 試験に出ない英単語」(飛鳥新社)と題して、試験に出ない英文150例(イラストつき)に、ネイティブの発音で聞けるCDもつけて発売。一体、中山さんはどんな人なのか?早速、お話を伺った。

――全く役に立たない英語をつぶやき始めたきっかけは何ですか?
「始めたのが2011年10月で、当時、ツイッターを始めようと思ってましたが、せっかくなら、何か変わったことができないかと思いまして。それで『試験に出ない単語』をテーマに、日本語の例文と、訳した英文をつぶやき始めたんです」

ツイッターや他のサイトなどで噂になり、昨年の春頃からフォロワー数が急増。通常でも1日で100人ぐらい、最大で1万人も増えたことがあるという。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年1月17日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース