bit

中学受験、あなたは賛成派?反対派?

       
きたる2月1日は中学受験の集中日。東京では4人に1人以上が私立や国立中学に進学するというが、受験戦争は熾烈で小学校3年生から塾通いを始めないと志望校合格もままならないという。

何かと先行き不透明な世の中、せめて子どもにはいい教育を受けさせたいもの。塾代やその後の学費を考えると、高校受験でレベルの高い公立にいけば十分ではないかという気もしてくるし、私立中高一貫校に関する書籍を読むと、やはり大学受験やいじめの問題を考えて、経済的に無理をしても中学受験をさせるべきではないか、と逡巡してしまう。それもひとえに、私立中高一貫校に対しての期待が高いゆえだ。

しかし、『中学受験』(岩波新書)の著者であるジャーナリストの横田増生さんは「私立中高一貫校は決して『夢の楽園』ではありません」と警鐘を鳴らす。

「私学にもいじめを始め色々な問題がありますし、成功者の影にはついていけなくなりドロップアウトする子たちもいます」

中学受験が一般的ではなかった地方出身の横田さんは、東京に出てきてから中学受験を礼賛する情報に多く接し、自分の子どもにも私立中高一貫校の教育を受けさせたいと思うようになった。そこで、息子を小学校3年生から進学塾に通わせると同時に、私立中学受験について調べ始めたが、多くの本の情報がどれも判で押されたように礼賛するものばかりで、違和感を覚えたというのだ。

「『中学受験』というタイトルの入った本をランダムに選んだら、10冊のうち9冊までは私立中高一貫校を夢の楽園のように描いています。受験体制がしっかりしているので塾に通わなくていいとか、いじめが起きても対処が早いので安心だとか決まり文句が書かれているのですが、取材してみると必ずしもそうとは言えないのです」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年1月24日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。