bit

花粉症「鼻水がマシになったら、じんましん」の謎

花粉症「鼻水がマシになったら、じんましん」の謎
花粉症といっても、鼻水、鼻づまり、目のかゆみだけではありません。
花粉症の人にとっては地獄の日々が続いている。

花粉症歴15年以上の自分にとっても憂鬱なシーズンだが、最近、クスリを飲んでいるせいか、鼻水やくしゃみがあまり出なくなっている。

ときどき「花粉症があるとき、突然治った」なんて人の話を聞くことがあるけど、もしかして?……などと、淡い期待をしていたところ、不思議な事態が、昨年から起こっていることに気づいた。
手や足にじんましんのようなものが出るのだ。例えば、机の抽斗や棚から何かを取り出すとき。手の甲が少しこすれただけで、赤いミミズ腫れのようなものができる。
スーパーの袋が手に食い込むだけで、やはり赤いミミズ腫れになるし、ペットボトルのフタを開けるだけで、手のひらがジンジンと痛がゆくなり、赤くなる。また、洗濯物を取り込むとき、花粉を払うために叩いた右手だけが真っ赤になったこともあった。

最初は乾燥による湿疹かと思ったけど、これってもしかして、花粉症のせい?
都内の皮膚科に聞くと、こんな回答があった。
「花粉症によるじんましんは、確かにあります。一般的には顔に出る場合が多いのですが、手など、外に出ている部位に出ることもないわけではありません」
乾燥による湿疹か、じんましんかの違いは、「湿疹の場合、腫れがひいても、ブツブツあるいはザラザラした感じが多少残る。でも、時間が経つと完全に消える場合は、じんましん」という説明だった。

ちなみに、じんましんの原因の特定はかなり難しく、花粉症によるものかどうかは「スギ花粉が飛ぶ時期にいつもなる」といった症状から判断するしかないと言う。

あわせて読みたい

  • 花粉症・舌下免疫療法NGの人って?

    花粉症・舌下免疫療法NGの人って?

  • 鼻水が出る人・出ない人のわかりあえない世界

    鼻水が出る人・出ない人のわかりあえない世界

  • 医学の国ドイツの民間療法あれこれ

    医学の国ドイツの民間療法あれこれ

  • 花粉症対策に、スイーツを食べよう

    花粉症対策に、スイーツを食べよう

  • コネタの記事をもっと見る 2015年3月21日のコネタ記事
    「花粉症「鼻水がマシになったら、じんましん」の謎」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      花粉症は鼻水だけや無いんやで~肌荒れにも気を付けるんやでwww

      8
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース