bit

日本橋の老舗が伝えたい「ごはんを一番美味しく食べるための道具」

日本橋の老舗が伝えたい「ごはんを一番美味しく食べるための道具」
竹皮で包んだおにぎり

美味しそうな料理本は眺めているだけでも楽しい。何時間でも読んでいられる。
そして、美味しいものを作る道具も眺めているだけでも楽しい。味を想像したり、その道具を使って料理をすることを想像して幸せな気持ちになってくる。

カラフルなキッチングッズやモダンな新製品も良いのだが、日本の昔ながらの道具は人間が何十年、何百年と使ってきたのだという味わいや魅力があって最近特に気になっている。そんな私が出会った本は『日本橋木屋 ごはんと暮らしの道具 十二ケ月の小さなならわし』だ。
本書は刃物や生活道具を扱う1792年創業の老舗、日本橋・木屋が監修している。
日本橋の老舗が伝えたい「ごはんを一番美味しく食べるための道具」
『日本橋木屋 ごはんと暮らしの道具 十二ケ月の小さなならわし』木屋(監修)

装丁が可愛くて、温かみのある写真やイラストが豊富で道具にまつわる多彩なエピソードも面白く、これまた何度でも読んでいて楽しい料理道具の本である。
4月は菜切包丁、銅製のおろし金、お箸の使い分け。5月はおにぎりを包む竹皮、まな板の選び方といったように、昔から現代まで、日本に息づいているごはんを美味しくする道具、知恵を月別で紹介している。
日本橋の老舗が伝えたい「ごはんを一番美味しく食べるための道具」
夏の暑い日にはところ天突き

読んでいるとあれもこれも欲しくなる。日本の行事や日々の変化に大事に寄り添うような暮らしの道具はなんとも美しくて、やましいところが無くて、なんだか雑事に追われたせかせかした心が浄化されていくような気分だ。

日本の美しい道具がうまく使われていない


1969年に木屋に入社し、現在は企画総務部長を務めている石田克由さんに、本書の出版のきっかけについてお話を伺うことができた。

あわせて読みたい

  • 東西の乾物屋に出汁の極意を聞く

    東西の乾物屋に出汁の極意を聞く

  • 包丁の柄にある3つの丸って何?

    包丁の柄にある3つの丸って何?

  • コネタの記事をもっと見る 2015年8月9日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース