bit

戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた

戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


90年代に「背脂チヤッチヤ系」と言われるラーメンが流行し一世を風靡したが、それよりもかなり前から背脂たっぷりのラーメンは新潟県の燕市という街に存在した。この街は洋食器や金物の製造が盛んで、労働者が多い街ということもあって濃い味のラーメンが好まれたという。「味を濃くするだけではしょっぱいだけになってしまう……」と思いついて福来亭の店長がラーメンに背脂も入れ始めたのが背脂が載ったラーメンの始まりだそうだ。

福来亭の2代目がついたお店が燕市にある「杭州飯店」。行列ができるような店とのことで新潟観光のついでに行ってみた。

杭州飯店にGO!


休日の開店前にお店に訪れたところ、既にお店の前には行列が。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


相当の行列待ちを覚悟したものの、80席も客席があるので案内に時間がかかていた模様。厨房は奥にあり、中は確認できませんでした。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


今回は座敷の席に案内されました。注文に時間がかかりそうなので速攻で餃子と中華そばを注文。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


メニューは意外に早く届く


「席数が多いので提供に時間がかかるのでは?」と思っていたものの、10分もしないで中華そばが到着。噂通り背脂がたっぷりのりまくっている。麺の太さもかなりのものだ。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


背脂の他に玉ねぎも載っている。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


スープがこぼれないように下に皿が引かれていた。
戦前から背脂ラーメンは存在した! 新潟県の「杭州飯店」で脂ドカ盛の中華そばを食べてきた


さっそく食べてみた


まずはスープから飲んでみると、背脂の甘味や煮干しの旨味を強く感じる。しょうゆは新潟県の「オウギヤ」というメーカーのものを使っているようで、旨味だけでなくかすかな酸味も感じられる。背脂は煮込まれているせいか「ギトギト」するというほどではないが、スープにコクや甘味を与えており、玉ねぎも良いアクセントになっている。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース