90s

小室哲哉がわずか5分で作曲したtrfの名曲とは?

誰もが知っているTRF。現在も第一線で活躍中の息の長いグループだが、まだ小文字のtrfだった時代に達成した音楽史に刻まれる大記録をご存知だろうか?

初物尽くしの小室プロデュースユニット


正式名称は『Tetsuya-komuro Rave Factory』。その名の示す通り、小室哲哉プロデュースのユニットだ。
レイヴとは、海外で人気となっていたダンスミュージック系音楽イベントのこと。この頃の小室はレイヴに夢中になっており、「今年はレイヴが来る」と事あるごとに言っていた。電気グルーヴの石野卓球がオールナイトニッポンでネタにしていたのをご記憶の方もいるのでは?
そんな小室の思いが詰まった日本初のレイヴユニットであり、ダンス系テクノをポップミュージックに導入した初のグループであり、エイベックス邦楽部門の第1号グループでもある。
要は、小室が新たな音楽ジャンルを切り開く野心に燃えたダンスユニットなのだ。

最初はメンバー11人の大所帯!?


1993年2月、シングル『GOING 2 DANCE』でデビュー。同年6月のセカンドシングル『EZ DO DANCE』がいきなりのスマッシュヒットとなる。
小室哲哉がわずか5分で作曲したtrfの名曲とは?

当時はエイベックスのCMが深夜を中心にヘビロテされており、このCDのCMも同じく怒涛の勢いで大量投下。シーブリーズのCMにも起用され、ノリノリでキャッチーなメロディに乗って陽気に踊り狂う男女の姿は一気に世間に浸透して行く。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク