毎年話題を集める「新語・流行語大賞」。
その時代を象徴する新語や流行語も時が経つと、記憶の片隅に追いやられてしまうもの。90年代にも様々な「ことば」が一躍世間を賑わしたが、中でも芸能人絡みで「すでに忘れられていそうな新語・流行語」を振り返りたい。

1990年 流行語部門・大衆賞『愛される理由』


受賞者:二谷友里恵

俳優の二谷英明と女優の白川由美の娘という芸能界のサラブレッド、二谷友里恵が書いたエッセイのタイトル。1987年に結婚した郷ひろみとの生活を綴った同書はこの年のベストセラーになった。
慶應義塾大学卒業の才女とあって、郷との離婚後は、家庭教師のトライ創業者の平田修と再婚。現在はトライグループの社長として辣腕を奮っている。『アルプスの少女ハイジ』を使ったシュールなCMシリーズの陣頭指揮を取っているのも彼女だ。
郷には愛されなかったが、全国の学生には愛されている模様?

1991年 流行語部門・金賞『若貴』


受賞者:おかみさんこと花田憲子(現・藤田紀子)

アイドル人気を誇った力士・貴ノ花を父に持つ若花田・貴花田兄弟は、二子山部屋入門時からマスコミが大注目。その家族の絆の物語はテレビや雑誌を通じて広く国民の関心事に。弟・貴花田が大横綱・千代の富士を破り、引退に追い込むほどの活躍を見せた若貴フィーバー絶頂期の受賞となっている。
後に兄弟揃って横綱となる大偉業を成し遂げるも、実父で師匠に当たる二子山親方の愛人問題と母の不倫疑惑が浮上した中で離婚が成立。さらに親方の急逝から遺産を巡るトラブルも起こり、若貴兄弟も絶縁状態に。昼ドラ的にドロドロした展開で、家族がバラバラになってしまうシビアな現実を見せつけるのであった。