90s

PUFFYの名曲に込められた"遊び心"の数々 タモリに影響された曲も!?

PUFFYの名曲に込められた"遊び心"の数々 タモリに影響された曲も!?
globeや華原朋美、SPEEDといった打ち込みサウンド&ハイトーンボイスが全盛だった時代に、アナログ重視のサウンド&ニュートラルな歌声のPUFFYは新鮮な存在だった。
Tシャツ&ジーパンのラフなスタイルに、力みのないパフォーマンス。徹底した「ゆるさ」で「脱力系」と呼ばれてもその実力は本物。それは、デビューからシングル4作連続ミリオンセラーの記録が証明済みである。

この4作品をあらためて振り返ると、プロデューサー奥田民生や作詞を手掛けた井上陽水の「遊び心」がふんだんに散りばめられているのが面白い。

タモリが大きく関わっている? PUFFYのデビュー曲


1996年5月のデビュー曲『アジアの純真』は作詞井上陽水、作曲は奥田民生という豪華タッグで生まれた。キリンビバレッジ『天然育ち』のCMタイアップ曲であり、ニュージーランドロケをしたPUFFYの2人も出演。妙に耳に残るこのCM効果でPUFFYは一躍お茶の間の人気者となる。
実はこの曲、井上陽水がタモリの『熊猫深山』という歌の影響を受けて作った曲。陽水はタイトルもそのまま『熊猫深山』を希望したが、スタッフの説得に折れて幻に終わったそうだ。

歌いだしで「北京」に続くのが「ベルリン ダブリン リベリア」の時点でいきなり「アジア」を無視。順に言うとドイツの首都、アイルランドの首都、アフリカの国である。確かに、タモリの得意とする「デタラメな言葉遊び」を感じる次第。

あわせて読みたい

  • 音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

    音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

  • ミッシェル・ガン・エレファントのルーツ! 「ルースターズ」を知っているか?

    ミッシェル・ガン・エレファントのルーツ! 「ルースターズ」を知っているか?

  • 90年代前半の『タモリ倶楽部』の名企画 「即興お尻オーディション」もあった! 

    90年代前半の『タモリ倶楽部』の名企画 「即興お尻オーディション」もあった! 

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年2月8日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース