90s

勝手に充電、無断で電話! マスコミ取材陣のモラルが問われたあの事案

勝手に充電、無断で電話! マスコミ取材陣のモラルが問われたあの事案
マスコミが大バッシングをくらうことになった雲仙普賢岳にて起きた大火砕流
第一線で活躍する報道陣。その熱意が強すぎるのか、時にバッシングの対象になることもある。
長崎の雲仙普賢岳にて起きた大火砕流を覚えているだろうか? 死者、行方不明者合わせて43名、負傷者を9名出す大惨事になったが、この災害は報道の在り方を考えさせられる一つの大きな出来事でもあった。マスコミが大バッシングをくらうことになったこの災害を、改めて見てみよう。

雲仙普賢岳の大災害


長崎県の島原半島。雲仙市と島原市及び南島原市にまたがる形で、雲仙普賢岳は存在する。九州を代表する活火山で、周辺は雲仙温泉として観光名所としても有名であるが、記憶に残るのは、1991年に起こった大災害だ。

大火砕流により大規模な被害が発生したのは、1991年の6月3日だ。それ以前より周辺地域は噴火活動が活発だった。特に危険が訴えられるようになったのは、土石流被害が見られるようになった頃からである。これは降り積もった火山灰が豪雨により流されることで発生する現象で、マグマが噴き出す火砕流と共に、警戒されていた。

特に被害を受けていたのが、島原市と深江町で、境界線に一部位置する水無川へと土石流が流れこみ、これが一気に下流の有明海の方へと目がけ下って行く。最初の被害が見られたのは1991年5月15日でそれ以来、19日から21日にかけて連続的に発生している。島原市は度重なる避難勧告を出し、住人の避難は無事に行われていた。

5月20日に溶岩ドームの出現が確認され、日々拡大し続けた。24日を境に頻繁に火砕流が発生するようになり、26日には水無川流域の地域に対して避難勧告が出される。報道陣は、北上木場町の県道から火砕流の様子を撮影した。ここは水無川からも距離があり、なおかつ高台に位置していたので、比較的安全な場所だと思われていた。しかし、大規模災害が起こった6月3日。火砕流の被害はこの撮影ポイントにも及んでしまった。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年4月1日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。