review

なぜサミットから晩餐会は消えたのか。転機は洞爺湖サミットだった

唐突ながら、まずはお詫びと訂正から。きのう掲載のサミット関連記事の末尾に、私はうっかり「今晩開催される予定の晩餐会」と書いたが、これは調査不足による事実誤認であった。実際には伊勢志摩サミット、というか7年前からサミットでは晩餐会は行なわれていない。代わりにワーキング・ランチとワーキング・ディナーが日程に組み込まれるようになった。
なぜサミットから晩餐会は消えたのか。転機は洞爺湖サミットだった
西川恵『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社、2012年)。著者は毎日新聞社の外信部で長らく記者を務めた経験から、同書のほか『エリゼ宮の食卓―その饗宴と美食―』(新潮社)をはじめ『ワインと外交』(新潮新書)など、国際政治を食という切り口からとらえた好著をものしている

外務省の発表(PDF)によれば、昨晩(5月26日夜)、G7首脳に供されたワーキング・ディナーのメニューは「海の幸、トマトの魅力をさまざまな形で」との趣向による前菜をはじめ以下のようなものになったという(ワインなど飲物の記載は省略した)。

・伊勢海老クリームスープ カプチーノ仕立て
・鮑のポワレ あおさ香る鮑のソース
・伊勢海老ソテー ポルト酒ソース 米澤モチ麦のリゾットとともに
・伊勢茶の香りをまとわせた松阪牛フィレ肉 宮川育ちのワサビを添えて
・ミルクチョコレートと柑橘のマリアージュ

そのメニューは、晩餐会や午餐会のように食事を楽しむというよりは、実務的なものだ。参考までに8年前の洞爺湖サミットでの晩餐会のメニューもあげておこう(「毎日新聞」2008年7月8日付および後述の西川恵『饗宴外交』を参照)。

・八寸 流水膳七夕飾り(和牛冷しゃぶ昆布風味アスパラ・ゴマクリーム、ハマグリ・トマト・大葉のゼリー寄せ、車海老の土佐酢ゼリー寄せなど)
・オホーツク産毛蟹のビスク カプチーノ仕立て

あわせて読みたい

  • 首相公邸で魚を干す。カツカレーだけじゃない、自民党総裁びっくり食列伝

    首相公邸で魚を干す。カツカレーだけじゃない、自民党総裁びっくり食列伝

  • 超地味理系女子メルケルが独首相の謎

    超地味理系女子メルケルが独首相の謎

  • エリザベス女王90歳サッチャーとの真実

    エリザベス女王90歳サッチャーとの真実

  • レビューの記事をもっと見る 2016年5月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース