90s

稲垣吾郎が“冬彦さん”!? 『不機嫌な果実』に見る80年代~90年代の男女交際

       
先日最終回を迎えた金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実(テレビ朝日系)』は、林真理子原作、1995年~96年に週刊文春に連載され、96年に単行本として刊行された。1997年に石田ゆり子主演のテレビドラマが放映されたが、20年経ち、栗山千明主演で再びドラマ化。1回目からお風呂、ベッドシーンなど毎回ギリギリの大胆な濡れ場があり話題になっていた。
夫婦、友達、元恋人、新恋人が絡み合う、現実にはありえない狭い世界での不倫5角関係、脇をかためる実力派のねちっこい演技なども印象的。そして、80年代後半のバブル期、90年代の香りがあちこちにちりばめられた、見どころが多いドラマであった。

リッチでおしゃれな登場人物の恋愛にバブルの香り


まず、主人公・水越麻也子(栗山千明)と夫・水越航一(稲垣吾郎)は、世間的には理想的な夫婦に見えるが、結婚5年目にしてすでにセックスレス。いわゆるDINKsだが、この言葉は80年代終盤に新たな夫婦のスタイルとして流行した『doubleincome, nokids』の略語で、共稼ぎで子どもを持たない夫婦だ。

麻也子が独身時代に不倫していた相手で、結婚後に再会し再び不倫関係を続けている野村健吾(成宮寛貴)は、広告代理店勤務、常に複数の恋人がいるモテ男。1980年代末に、もてはやされた高学歴、高収入、高身長の自信に満ちた“3高”男だ。
しかも、キャストの持ち味を生かした味付けで、“高濃度の色気”を放っている。麻也子とのデートは、ホテルで食事をしてワインを飲み、そのままリザーブしていたホテルの部屋へ招き入れる、とバブル期のお約束的な流れだ。しかも、ベッドには赤いバラの花びらがちりばめられ、そのロマンティックな雰囲気に麻也子は心をほだされてしまう。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年6月15日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。