bit

雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密

かつて秋田県にあったローカル鉄道「小坂鉄道」をご存じだろうか。小坂鉱山の貨物輸送用として1908年に開通し、翌年からは町民の足としても活躍していたが、1994年に旅客営業を終了。残っていた貨物運搬も2009年に営業廃止になった。

しかしその後、鉄道遺産として保存活用するため、2014年6月に「小坂鉄道レールパーク」としてよみがえった。観て学んで体験できる鉄道テーマパークである。

観光トロッコなどもあり、夏休み中は家族連れでにぎわうが、実はかなり鉄道マニアの心もつかむ施設。とくに線路が雪でうまってしまう冬は、週末のみの営業で来る人も限られるが、本格的な鉄道ファン率がぐっと高まる。
雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密
当時のままに修復された国登録有形文化財「旧小坂駅舎」



雪で線路が見えないなかで運転体験


雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密
軌道モーターカー。現在は観光トロッコのけん引などに使用

鉄道ファンの心をくすぐる要素はたくさんあるが、いろいろな車両の運転体験ができることもそのひとつ。今回は私も「軌道モーターカー」の運転に挑戦してみた。オートマチックなので、運転はシンプル。進行方向のレバーを調整し、ブレーキをゆるめ、アクセルをふむだけ。とはいえ、運転席は横向きだし、雪で線路が見えないし、かなりドキドキ!
雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密

雪が降っても鉄道ファンが訪れる「小坂鉄道レールパーク」の秘密

ちゃんと進むと、ちょっと感動だ。発車前に警笛をならすのも楽しいが、加減がわからず、かなり軽めにボタンを押してしまい、少々勢いのない音が出たのが悔やまれる。

ちなみに運転で一番難しいのはブレーキ。停まりたい位置に停まれるかどうかは、いつブレーキをかけるかによる。ただ、体験ではスタッフがベストなタイミングを教えてくれるので心配ない。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。