1990年代、平日の夕方にテレビをつけると決まって再放送されている刑事ドラマがあった。『はぐれ刑事 純情派』(テレビ朝日系)だ。
藤田まこと演じる人情刑事・安浦が粘り強い捜査で犯人を逮捕しつつ、「罪を憎んで人を憎まず」なセリフでほろりとさせるのが持ち味のドラマだった。

♪テレレレレ~テ~レレレ~レレ~、というオープニング曲ともに記憶している方も多いだろう。「テレレレでは思い出せない」という方も、動画を検索していただければ、懐かしいオープニング曲にたどり着けるはずだ。

1988年から2005年までの17年間にわたり、全444話も放送された『はぐれ刑事』の魅力を探ってみた。

魅力的だった山手中央署の刑事たち


『はぐれ刑事』は、東京都内の山手中央署という架空の警察署が舞台となっている。全17年間を通じて出演したレギュラー陣には魅力的なキャラクターが勢ぞろいしていた。

まずはなんといっても、主人公の安浦刑事(藤田まこと)があげられる。「やっさん」の愛称で親しまれているベテラン刑事である。ノーネクタイに地味なスーツ姿でさえない風貌だが、捜査においては妥協を許さない凄腕刑事だ。周囲からの人望も厚い。

さらに、安浦の所属する刑事課の課長・川辺(島田順司)も視聴者に愛された登場人物だった。
川辺課長は、上司には揉み手で媚びへつらい、部下には厳しく、妻には頭が上がらないという典型的な中間管理職として描かれている。常にメガネが下にずれており、単独行動をとる安浦に対しては嫌味を言うことが多い。周囲からの人望はべらぼうに薄い。一方で正義感が強いところもあり、安浦の推理が正しいとわかった時は協力を惜しまない。