90s

児童虐待の社会問題化を予見? 菅野美穂主演の大ヒットドラマ『イグアナの娘』を振り返る

児童虐待の社会問題化を予見? 菅野美穂主演の大ヒットドラマ『イグアナの娘』を振り返る
菅野美穂(※写真はイメージです)
『イグアナの娘』の原作者・萩尾望都が漫画家の道を志した裏には、実母への苛烈な愛憎があったといいます。
萩尾の母は典型的な教育ママだったらしく、幼い頃は「勉強しろ」「成績の悪い子とは付き合うな」「教科書以外の本は読むな」と四六時中追いつめられたとのこと。

このときに感じた母への嫌悪感から、萩尾は学力競争がない漫画家の世界を目指したのであり、この体験が名作『イグアナの娘』のベースになったというわけです。

当時18歳の菅野美穂が主演したドラマ『イグアナの娘』


1996年に、菅野美穂主演で連続ドラマ化された『イグアナの娘』(テレビ朝日系)。物語は、青島正則(草刈正雄)・ゆりこ(川島なお美)夫妻の間に、一人娘・リカ(菅野美穂)が誕生するところから始まります。

リカは誰が見ても可愛らしい女の子なのですが、ゆりこにだけはイグアナにしか見えません。リカも物心ついたころから、鏡に映った自分がイグアナに見えてしまい、ショックを受けます。
醜さゆえに、リカを冷遇するゆりこ。そんな妻を、娘が普通の女の子に見える正則は理解できません。そして自身の顔にコンプレックスを抱き、母から冷たく叱責され続けてきたリカは、人間関係に臆病な女性へと育っていくのです。

「取り憑かれたように執筆していた」という脚本家


萩尾の原作は50ページにも満たない短編だったのですが、これを全11話に及ぶ長編へとつくりかえたのは、ほとんど脚本家・岡田惠和の力技。当時

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「児童虐待の社会問題化を予見? 菅野美穂主演の大ヒットドラマ『イグアナの娘』を振り返る」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    いいドラマでした

    1
  • 匿名さん 通報

    是非観てみたい。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。