bit

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


ティッシュ高騰のニュースを受け、このタイミングで、あえて高価なティッシュを購入し、いつものティッシュと比較してみました。

お馴染み、高級版、1万円…で比較


今回比較する3商品の紹介です。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


まずはお馴染み、「クリネックス」のティッシュ(以下『いつものクリネックス』)。
ほんと「いつもの」といった感じです。箱はツルツルの厚紙のような素材です。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


お次は、同じく日本製紙クレシアから販売されているティッシュ「クリネックス 至高 極(しこう きわみ)」。2016年4月1日に1箱1,000円(税抜)で発売された高級品です。
こちらは「黒硯/KUROSUZURI」という名のパッケージと、もう1種類「金襴/KINRAN」と題した金色を基調としたパッケージのものが発売されているようです。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


調べて知ってお伝えしたいことが山ほどあるのですが、一番ワクワクしたのがこの「極」のロゴについて。

「極」のロゴのつくりは、最後の一画がティシューボックスになっており、そこから10枚のティシューを取り出したイメージで「極」が表現されています。”(プレスリリースより)

たしかにティッシュボックスだ! でもって「極」の字自体がティッシュペーパーだったとは!

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


黒と金の色遣いや、そのバランスから高級感が漂います。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


箱は紙です。手触りはさらさら、その素材の影響か、重箱みたいに黒光りという感じではありません。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


高級なものは余裕と貫禄で多くを語らないと思いきや、箱の底にどえらい量で書いてある!
いやいや、いいですよ、親近感わきました。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


“「至高」プロジェクトチームには無くてはならない武田双雲氏の「至高」の二文字をさらに後押しする強力なメンバーとして、「紋章上繪師」 である波戸場承龍・耀次親子が参加し、今日まで息づいている固有の文化である日本の紋様をモチーフに、一線一線を手書きで描き上げる匠の技を融合 させ、世界へ「THE NIPPONのティシュー」を発信したいという思いをデザインに込めました。これぞ、「Made in Japan」のモノづくりの成果を存分にご堪能いただければ幸いです。”(公式サイトより)

ということで、この「至高」の字は、あの武田双雲さん作らしいです。



そして比較するもう一つの高級ティッシュはこちらです。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


わ、なんだこれ結婚式でいただくやつみたい!
大昭和紙工産業から販売されている「十二単ティッシュ(以下『十二単』)」という名のティッシュのお値段…1万円(希望小売価格/税込)。
公式サイトによると「数量限定販売」らしいです。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


この中にティッシュが入っているという「箱入り箱ティッシュ」なところが1万円。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


箱から出した瞬間、線香の香りがしたところが1万円。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


箱は和紙(かどうか定かではないけれど和紙っぽい)なところが1万円。

1万円の高級ティッシュでセレブ気分を味わう


こちらにも「至高 極」同様、説明などが書かれた紙が入っていました。

「いつものクリネックス」
「至高 極」
「十二単

こちらの3商品を比較していきます。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク