90s

過去に展開された上戸彩の「スポ根路線」

過去に展開された上戸彩の「スポ根路線」
※写真はイメージです
現在公開中の劇場版『昼顔』。多少真新しい「昼顔」なるフレーズを表題に掲げてはいるものの、“不倫愛”による家庭の崩壊と再構築という、何度も描かれたテーマの同作。世間からの引きを期待できる最大の理由といえば、上戸彩が不倫妻を演じている点以外他にないでしょう。

私生活では子持ちの人妻として知られる彼女が、フィクションとはいえ、斉藤工と道ならぬ恋に及ぶ……そんなキャンダラスな設定が、ありきたりなこの映画における重要な付加価値となっているのは間違いありません。

振り返ってみるとこの『昼顔』に限らず、上戸彩は自身のキャリアを通して、意外性のある役どころを度々演じてきました。『金八先生』における性同一性障害の生徒役然り、『流れ星』での風俗嬢役然り……。

あともう一つ。2000年代前半に、『エースをねらえ!』と『アタックNo.1』の実写ドラマへ主演した際も、これまでの出演作と比べて異質な“スポ根路線”だったために、ちょっとした話題になったものです。

初主演ドラマが打ち切り……不遇続きだった金八以降の上戸彩


『金八先生』でのブレイク以降、上戸彩はこれといったヒット作に恵まれませんでした。 2003年に公開された主演映画『あずみ』は、興行収入8.6億円とパッとせず。

大ヒットドラマのリメイクとあって期待された『高校教師』(2003年・TBS系)は、ヒロイン役で出演したものの、平均視聴率10.8%と同じく振るわず。極め付けは、初の主演ドラマ『ひと夏のパパへ』(2003年・TBS系)。こちらは、あまりの低視聴率で打ち切りにされるという酷い結果に終わっています。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「過去に展開された上戸彩の「スポ根路線」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    人にクソを拭いつけて、キャハハっと。

    4
  • 匿名 通報

    女性にかっこいいアクションを求めるならそれなりの鍛え方をしてきた人でないと無理。「あずみ」をやらせたのは気の毒だった。

    3
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月21日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。