90s

WANDSまさかのヴォーカル交代劇! 意外と気付かない人も多かった!?

WANDSまさかのヴォーカル交代劇! 意外と気付かない人も多かった!?
※写真はイメージです
90年代の音楽シーンを席巻したビーイング系のアーティストたち。

ドラマやCMタイアップ攻勢でヒットの山を築いたわけだが、楽曲の露出に反してアーティストたちの露出は控えめ。B’zを除けば、楽曲の知名度や人気の割りにはアーティスト自身のキャラクター認知は低かった印象。
とりわけ、バンド形式の場合はバンド名の“器”が大事で、メンバーの個性に重きが置かれていなかった感が強かった。

それを特に実感したのがWANDSの2度に渡ったメンバーチェンジ。しかも、ヴォーカルまでもが変更したのだから、当時の衝撃は相当なものだった。

中山美穂とのコラボで一躍スターダムに


91年12月『寂しさは秋の色』でデビューしたWANDS。
ヴォーカル上杉昇とギター柴崎浩のユニットが予定されていたところに、キーボードの大島康祐が加わる形で結成されている。

しかし、92年7月リリースの3rd『もっと強く抱きしめたなら』を最後に、大島が自身のバンドを結成するために脱退。ここまでが第1期WANDSだ。

実はこの曲こそ、WANDS最大のヒット曲だったりする。
なぜなら、この直後に中山美穂とのコラボ曲『世界中の誰よりきっと』が大ヒットを記録。紅白出場も果たすなど、WANDSの名が広く知れ渡ったことでロングヒットに繋がったからだ。
しかし、この連続ヒットでWANDSに付いた王道のJ-POP的イメージが、後のヴォーカル変更を引き起こす原因となるのであった……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「WANDSまさかのヴォーカル交代劇! 意外と気付かない人も多かった!?」の みんなの反応 13
  • WANDS好きだけど 通報

    ものまねを超えたレベルで激似(笑) 筆者は耳鼻科いったがイイ。ものまねを超えてないし。そんなに似てないし。

    20
  • いつの話を 通報

    何故、今頃その話題なのさ!?

    17
  • 匿名さん 通報

    音だけなら,寄せ集めスタジオミュージシャンの方が遥かにうまい

    10
  • 匿名さん 通報

    ん〜…、ちょっと偏った書き方かな…

    8
  • 匿名さん 通報

    DEENとも区別がつきません。

    6
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。