review

山田杏奈がとにかく凄い「ミスミソウ」 壮絶復讐譚の果てに誕生した新たなる返り血の女王

断言したい。山田杏奈様こそが、次世代の返り血の女王である。『ミスミソウ』での山田杏奈様は、そのくらいすごかった。
山田杏奈がとにかく凄い「ミスミソウ」 壮絶復讐譚の果てに誕生した新たなる返り血の女王

ホラー漫画家押切蓮介の代表作、マジで完全映像化!


『ハイスコアガール』のヒットで、今でこそギャグとラブコメの人として認識されることも多い押切蓮介。しかし元々はホラーコミックを得意とする作家であり、血みどろのバイオレンスと荒涼としたストーリーが混じり合う作品を数多く生み出している。『ミスミソウ』は、そっち方面の押切蓮介の代表作。なんといっても連載時の掲載誌が『ホラーM』である。

雪深い田舎。来年で廃校になる学校に通う、卒業を控えた中学生たち。鬱屈した空気と行き場のない衝動が最悪の形で噴出し、中学生たちが殺しあう復讐劇が展開される。そんな原作を映像化した監督が内藤瑛亮。『先生を流産させる会』や『ライチ☆光クラブ』を撮った人だ。『ミスミソウ』の監督と原作の組み合わせは、ビールと餃子、シドとナンシー、富士山と月見草並みの組み合わせと言えるだろう。

舞台は冬、卒業式を間近に控えた田舎の中学校。生徒は少なく、来年で廃校になる予定だ。この学校に通う転入生の野咲春花は、同じクラスの生徒たちから壮絶なイジメに遭っていた。靴をゴミ捨て場に放り込まれ、拾いに行っては泥まみれになるような日々。しかし、同級生の相場だけは春花を支える。

担任の南はいじめを主導しているリーダー格の妙子の言いなりであり、クラスの誰もがいじめに加担している。両親にも勧められて半ば登校拒否状態になった春花。以前いじめの標的となっていた流美が周囲からけしかけられて春花の家を訪れ、「教室に来てくれないと、自分がまたいじめられる」と訴えるも、登校はできないでいた。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年4月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース