review

西島秀俊「マリオ〜AIのゆくえ〜」を考察。人工知能は煩悩を持てば人間になれるのか

先週土曜(10月13日)、NHKのBSプレミアムで放送されたドラマ「マリオ〜AIのゆくえ〜」は、技術的に急速に発達し、いまや社会にも入り込み始めた人工知能(AI)をテーマとした意欲作だった。
西島秀俊「マリオ〜AIのゆくえ〜」を考察。人工知能は煩悩を持てば人間になれるのか
「マリオ〜AIのゆくえ〜」の脚本を手がけた前田知大は、劇団「イキウメ」を主宰する劇作家・演出家。劇団で上演した『散歩する侵略者』は、昨年映画化されるとともに、前田自ら小説化もしている

肉体を持ったAIが世間に放たれる


物語はいまから5年後の2023年、職務中の事故で警察官(西島秀俊)が病院に担ぎ込まれるところから始まる。このころ、警察内では「マリオ」という人工知能が採用され、その開発者である科学者の時枝(田中哲司)は、本物の人間をつくりたいと考えていた。そこで彼は、意識不明の重体に陥った警官の脳に、その人工知能を埋め込んでしまう。

時枝はさらに、肉体を持ったマリオを世間に放って欲望にまみれさせようとする。煩悩を抱いてこそ本物の人間という考えは、手塚治虫の『鉄腕アトム』で、「アトムは完全ではないぜ なぜならわるい心を持たねえからな」という悪役のセリフがあったのを思い出させた。あれは60年以上も前に描かれた作品だが、テーマとしては、AIが人間から仕事を奪うのではないかなどと懸念されるいま、より実感をもって考えられる時期を迎えていることは間違いない。

肉体を持ったマリオを、鋼のように身体を鍛えた西島秀俊に演じさせたのも面白い。後半のアクションシーンは、まさに彼の肉体あってこそだった。

物語は、時枝と別れた息子・至(福崎那由他)とマリオのあいだに芽生えた友情を軸に展開する。その出会いは、至がいじめに悩んで自宅マンションから飛び降りて自殺しようとしていたところに、マリオが遭遇したことだった。マリオは至を止めようとはしなかったが、死への興味から至にあれこれと質問する。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース