review

IMAXでド迫力上映中「2001年宇宙の旅」は自分の目を信じて観ろ

スタンリー・キューブリック監督のSF長編映画「2001年宇宙の旅」(アメリカ・イギリス合作、1968年)が製作50周年を記念し、11月1日(木)まで全国のIMAX劇場にて上映中である。
IMAXでド迫力上映中「2001年宇宙の旅」は自分の目を信じて観ろ
「2001年宇宙の旅」は、キューブリックと共同で脚本を手がけた作家のアーサー・C・クラークによる小説版(画像)も、映画の公開後に刊行された。そこでは、映画では謎めいた部分も解き明かされ、相互補完的な役割を担っている

小説版『2001年宇宙の旅』

猿人の時代から一気に数百万年を飛び越え、人類が宇宙に進出した2001年の“未来”を描くこの映画は、そのスケールに合わせ、大画面での上映を前提に、70ミリフィルム(通常の映画は35ミリ)で撮影された。それだけに、巨大スクリーンにより観客の視野のほぼすべてが映像となるIMAXシアターでの上映はうってつけだ。

テーマパーク気分が味わえる映画


ちなみに今回、私が観に行ったのは大阪の万博記念公園にある「109シネマズ大阪エキスポシティ」である。1970年に開催された大阪万博の会場跡地で、この映画を観るというのもなかなか味わい深い。そもそもカナダのIMAX社の開発したIMAX方式の映像が世界で初めて上映されたのは、大阪万博の富士グループ・パビリオンだった。「人類の進歩と調和」をテーマに掲げたこの万博では、前年に人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の採取した月の石がアメリカ館で展示され、それを見ようと人々が行列をつくった。当時の多くの人々はおそらく、遠からぬ未来、21世紀に入るころには人類は月からさらに先、ほかの惑星にも進出すると思っていたことだろう。木星に向けて探査船が飛ぶ「2001年宇宙の旅」は、まさにそんな時代の産物ともいえる。

あわせて読みたい

  • 宇宙ヤバイ。絶望の無重力アトラクション「ゼロ・グラビティ」を体験せよ

    宇宙ヤバイ。絶望の無重力アトラクション「ゼロ・グラビティ」を体験せよ

  • 非公式に打ち上げられていた「アポロ18」に残されていたフィルムとは?

    非公式に打ち上げられていた「アポロ18」に残されていたフィルムとは?

  • 今夜「下町ロケット」コスト削減の波

    今夜「下町ロケット」コスト削減の波

  • リュック・ベッソン「ヴァレリアン」!

    リュック・ベッソン「ヴァレリアン」!

  • レビューの記事をもっと見る 2018年10月27日のレビュー記事
    「IMAXでド迫力上映中「2001年宇宙の旅」は自分の目を信じて観ろ」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      公開当時の60年代〜70年代は人間の意識拡大が盛んな時期だったな。今やGoogleマップによって地球も狭くなってしまったが、人の意識は広大だ。考える葦だから。

      4
    • 匿名さん 通報

      ダーウィンの進化論は猿から人間になるわけだが、猿と人間は近くてまったく別物。猿が小説を書くことはない。人間は神が独自に創造したもの。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース