smadan

酷評の「高輪ゲートウェイ」と歓迎の「虎ノ門ヒルズ」はどこで差がついたのか?

酷評の「高輪ゲートウェイ」と歓迎の「虎ノ門ヒルズ」はどこで差がついたのか?
「高輪ゲートウェイ駅」街区側外観イメージ図

2020年に開業するJR東日本・山手線&京浜東北線(品川駅~田町駅間)新駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決定しましたが、これに対して批判的な意見が数大きく飛び交っています。

一方、翌日の12月5日には、同じく2020年に利用開始予定の東京メトロ日比谷線の新駅名が「虎ノ門ヒルズ」に決定しましたが、こちらはそれほど批判殺到という状況ではないようです。

なぜ、同じ「地名+カタカナ」にもかかわらず、これほどまでに評価に差が着いたのでしょうか? 主に4つの理由をあげてみました。


(問題1)公募という仕組みを完全無視した


まず、既に様々なコメンテーターも指摘していますが、JR東日本は、応募には約6万4千件の応募が集まり、1位は「高輪」(8398件)だったのにもかかわらず、130位の「高輪ゲートウェイ」(36件)を採用したことに、驚き呆れた人も多かったことでしょう。これでは公募をする意味が全くありません。

これまでも合併自治体や新駅の名称選定において、せっかく公募をしたのに、最終意思決定者たちの鶴の一声で次点以降の候補が選ばれることは頻繁に起こっていますが、ここまでの大どんでん返しを起こしたのは私も見たことがありませんでした。インターネット上ではこの36件に対して、「身内の投票ではないか」といぶかしむ声さえも散見されます。

公募は批判が多かった密室での決定を改めるために始まった側面もあり、いまだに批判回避・言い逃れのためにやっているケースも少なくありません。ですが、130位を選ぶのはもはや言い逃れにすらなっておらず、「密室で決定しました!」と大々的にアピールしていることと同義ですから、批判が殺到するのも頷けます。これでは公募をせずに決めた東京メトロのほうがマトモに見えるのも当然です。


(問題2)応募者や地元民に損失を与えている


また、貴重な時間を割いて自分の想いを応募に乗せた人や、地元の名前に投票してもらおうと一所懸命PRした地元の人たちを愚弄するような行為で、失礼極まりないですし、「心理的損失」に加えて「時間的損失」という実損すら与えています。

JR東日本の記者会見では、深沢祐二社長(1987年入社のバブル世代)が「結節点としてふさわしい名だ」と意気揚々に発表していますが、実態は「公募した君たちの意見や地元PRした人の努力は蔑ろにしましたからね!」という発表に他ならないわけで、平気でいられる神経に驚くばかりです。

一方、東京メトロは利用者や地元の人々に「時間的損失」を与えていないわけですから、批判が少ないのは当然でしょう。


(問題3)ネーミングセンスが壊滅的に無い


さらに、高輪ゲートウェイに対するインターネット上の批判のうち、最も多かったのが「ダサい」という声でした。近年無駄に横文字を混ぜた駅名や路線名を爆誕させる例は枚挙に暇がありませんが、この「ダサ横文字」とも言える感覚は、バブル世代の特有の感覚のような気がしています。自分たちはスタイリッシュだと思っているのかもしれないですが、おそらく傍から見ると「下手に気張っている感じが非常にダサい」のだと思います。

2018年はDA PUMPの『USA』が「ダサカッコ良い」として大ヒットしましたが、「ダサ横文字」はDA PUMPというプロフェッショナルアーティストが本来持っているようなカッコ良さがあるわけでもなく、ただ下手にアメリカぶっているに過ぎないので「ダサい」と感じる人が多いのではないでしょうか。

高輪ゲートウェイを揶揄して山手線の全駅に横文字を付与した図がTwitterで拡散されていますが、おそらくイケイケ脳のままの彼等にはこのような「ダサ横文字」のカッコ悪さは分からないのでしょう。そして困ったことに、横並び意識の強い彼等はこれらを「流行」だと思い込んでいる節があるため、市民感覚とは裏腹に、今後しばらくは「ダサ横文字」による浸食が続くような気がします。

一方で、同じ横文字のはずの虎ノ門ヒルズは、「ダサ横文字」としてそこまで批判を受けているわけではなさそうです。これには、近年再開発ビル名に「地名+カタカナ」がかなり定着していることと、この新駅はその再開発ビルに合わせて開業するものだからでしょう。「東武ワールドスクウェア」や「あしかがフラワーパーク駅」等と同様と言えます。

ちなみに、「ダサい」というのはあくまで主観に過ぎず、世代間でどちらかの感覚が正しいと決められるものではありませんから、個人的にはあまり「ダサい」という理由で意見を否定するのは、避けるべきだと思います。

ですが、たとえば「おおさか東線」や「いわて沼宮内駅」等、政治家のポスターのように無駄にひらがなを使う事例や、「さくら」「平成」「ふるさと」「みどり」等、地元の固有ではない“優等生的ゆるふわワード”で地元アイデンティティーを消し去る事例と同様、歴史や人々の愛着を重んじる姿勢が無いことは非常に問題です。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年12月5日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース