review

UFO目撃、宇宙人の実在、国家の陰謀…めくるめくトンデモ情報、配信ドキュメンタリーの醍醐味「非認可」

       
UFO目撃、宇宙人の実在、国家の陰謀…めくるめくトンデモ情報、配信ドキュメンタリーの醍醐味「非認可」
どうもみなさまこんにちは。細々とライターなどやっております、しげるでございます。配信中毒11回。ここではネットフリックスやアマゾンプライムビデオなど、各種配信サービスにて見られるドキュメンタリーを中心に、ちょっと変わった見どころなんかを紹介できればと思っております。みなさま何卒よろしくどうぞ。

「配信中毒」バックナンバーはこちらから

今回紹介するのは、宇宙人の存在と、その隠蔽のことを大真面目に語るドキュメンタリー『非認可/Unacknowledged』である。このドキュメンタリー、相当変わった映画というか、正直言っておれは(あくまで"おれは"ですよ!)かなり眉唾な内容だと思う。が、それがそのまま放り出されているのも、サブスク型配信サービスの面白さなのである。

UFOは実在する!? 驚異の真実が暴露される!


映画の語り手は、スティーブン・グリアさんというアメリカ人だ。元医師で、現在は「UFO研究家」というちょっとすごい肩書きで活動しているおじさんである。彼は2001年5月にワシントン市のナショナル・プレス・クラブで空軍の退役軍人や政府関係者ら総勢20名とともに記者会見を開き、多数のUFO目撃や地球外生命体との接触に関する証言を発表した。

『非認可』は、このグリアさんの主張に沿って進む。第1章では宇宙人が地球に来ているという数々の証拠や証言を提示し、第2章ではその証拠を隠滅するためにアメリカ政府やさらにその上の権力者たちがどのような裏工作をしてきたかを主張。さらに第3章では天才科学者や宇宙人たちが考案した超エネルギーがどのように抹殺され、そして今我々が何をするべきかが語られる。

もう、驚くべき証言のオンパレードである。有名なロズウェル事件に始まり、北米を移動する旅客機の横に飛んで来たUFOをレーダーで捉えた航空管制官や、落っこちたUFOを収容したのを見たという空軍の防諜要員など、いろんな人が「宇宙人は地球に飛来している」「私は戦闘機で飛んでる時に間近で見た」と主張する。中にはアポロ14号に参加し、人類で6番目に月面を歩いた人であるエドガー・ミッチェルも登場し、NASAでの勤務中に宇宙人が存在する証拠を得たと話す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月27日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。