review

続けよ「なつぞら」なぜ、最終回目前で視聴率が下がったのか。レビューも続けよ

153回はなつが彼女の半生も込めた渾身のアニメ「大草原の少女ソラ」が文字通り最終回を迎え、打ち上げの席でスポンサーの社長(大泉洋)がなつたちを労う。それから、戦後、生き別れ30年越しの再会を果たした妹・千遥(清原果耶)の店で、咲太郎(岡田将生)を育ててくれた恩人・亜矢美(山口智子)と血縁の家族とはまた違う「人生の二番だし」の存在があることを噛みしめる。これで満足してしまった人も少なくないだろう。
154回は、姉妹とその娘(&坂場)で北海道に向かい、泰樹がまさに大樹のように苦労してきた千遥をあたたかく包み込むのだが、エピローグ感が否めなかった。

穏やかなエピローグ感はなぜ
155回、156回はエピローグのようなもの。嵐というアクシデントはあったが、残り2回だから解決するに決まっている。91歳になった泰樹が亡くなる気配もない。むしろ弱っていたが嵐をきっかけに元気になった。ほんとうは、なつに遺言的なことを言い、ひとり大地に抱かれ、眠るように……という場面があったが、SNS をざっと見ると、寝ているだけとすんなり思ったようで亡くならなくてよかったという声が多かった。そういうふうにしたほうがいいという制作側の判断であろう。なつを育んでくれた十勝に戻って、遠く離れて違う仕事をしていてもこの大地と空が原点であるというふうにまとめ、そして人生は続く。たぶん、あえて、最終回的な予定調和なカタルシスを作りたくなかったのではないか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「続けよ「なつぞら」なぜ、最終回目前で視聴率が下がったのか。レビューも続けよ」の みんなの反応 59
  • 匿名さん 通報

    正直、ネタ的な話題性だけで、内容の方は草刈正雄が出ていなければ見ていられなかった

    25
  • 匿名さん 通報

    最終回では、なつ夫婦や照男夫婦が先の長い人生を想定している姿と十分生きたと思っている泰樹さんの対比が良く描かれていたと思う。

    22
  • 匿名さん 通報

    なつぞらの どこが良かった?

    19
  • 匿名さん 通報

    魅力的な登場人物と希望あるエンディングで物語全体として面白かった。歴代ヒロインもうまく使っていたと思う。

    14
  • 匿名さん 通報

    広瀬すず、引き出しが少なく、ヒロインとして力不足でした。脇役の俳優さんたちは、良かったです。

    11
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月30日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。