review

続けよ「なつぞら」なぜ、最終回目前で視聴率が下がったのか。レビューも続けよ

ドラマを守るための様々な企画
こんなふうに極めて繊細な物語とはいえ、不特定多数の人が朝、起き抜けにライトな感覚で見る朝ドラとしてはテーマが先行し過ぎたかもしれない。どちらかというと歴史を俯瞰して見る大河ドラマみたいな印象がする。朝ドラはミニマムな日々の細やかなあれこれが好まれる。会話だったり手作業のディテールだったり。再放送で再注目された「てるてる家族」も大森寿美男の資質を、ミュージカル仕立てにしたからこそ、それが別の楽しみになった。では今回はどうする……と悩んだ結果の広瀬すずがさらに観念的過ぎた。これはこれで良いが、
その分、歴代ヒロイン大集合で華やかに。もうひとつは日本が誇るアニメ文化の黎明期で話題性を。朝ドラとアニメ、いま日本の二大人気ジャンルでSNS対策を万全にしたといえるだろう。

歴代ヒロインは 松嶋菜々子(ひまわり)、北林早苗(娘と私)、岩崎ひろ美(小学校の先生)、小林綾子(おしん)、比嘉愛未(どんど晴れ)、山口智子(純ちゃんの応援歌)、貫地谷しほり(ちりとてちん)、田中裕子(おしん)、三倉茉奈(ふたりっ子)、浅茅陽子(雲のじゅうたん)、藤田三保子(鳩子の海)、戸田菜穂(ええにょぼ)、藤澤恵麻(天花)と続々登場した。戦災孤児の物語だった「鳩子の海」から藤田三保子が登場したのはおみごと。再放送中の「おしん」からふたりも登場したことも喜ばしかった。

アニメ軸では、元ジブリ動画チェックスタッフを中心にオリジナルアニメを制作、オープニングもアニメになった。主人公なつが参加したアニメは「白蛇姫」「ヘンゼルとグレーテル」「神をつかんだ少年クリフ」「百獣王サム」「魔法使いアニー」「キックジャガー」「魔界の番長」「大草原の少女ソラ」とかなりあり、

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「続けよ「なつぞら」なぜ、最終回目前で視聴率が下がったのか。レビューも続けよ」の みんなの反応 59
  • 匿名さん 通報

    正直、ネタ的な話題性だけで、内容の方は草刈正雄が出ていなければ見ていられなかった

    25
  • 匿名さん 通報

    最終回では、なつ夫婦や照男夫婦が先の長い人生を想定している姿と十分生きたと思っている泰樹さんの対比が良く描かれていたと思う。

    22
  • 匿名さん 通報

    なつぞらの どこが良かった?

    19
  • 匿名さん 通報

    魅力的な登場人物と希望あるエンディングで物語全体として面白かった。歴代ヒロインもうまく使っていたと思う。

    14
  • 匿名さん 通報

    広瀬すず、引き出しが少なく、ヒロインとして力不足でした。脇役の俳優さんたちは、良かったです。

    11
この記事にコメントする

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月30日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。