review

新聞人の戦争責任とは?「いだてん」リリー・フランキー演じる緒方竹虎の功績と自責

NHKの大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」では、主人公・田畑政治(阿部サダヲ)の勤務先の朝日新聞社(当時の社名は厳密にいえば東京朝日新聞社)の上司として緒方竹虎(リリー・フランキー)が登場し、けっこう活躍していた。1936(昭和11)年の二・二六事件で同新聞社が反乱軍の襲撃を受けたときには、緒方が一人で部隊のリーダー格の青年将校と対峙し、名刺を指し出すや、社内にいる女性や子供を出してほしいと伝えたことは印象深い。

田畑が図らずも開いた政界への道


緒方は二・二六事件から3ヵ月後には、朝日新聞主筆と代表取締役専務に就任し、実質的な最高指導者となる。太平洋戦争中の1943年には副社長に就いた。だが、翌1944年に発足した小磯国昭内閣に情報局総裁として入閣し、朝日新聞社を退社。以来、政治家としての道を歩む。敗戦後の東久邇宮稔彦内閣でも国務大臣を務めたのち、1946年から5年におよぶ公職追放を経て、1952年の総選挙で初当選、衆院議員となった。その後、吉田茂内閣で官房長官と副総理を兼任し、吉田退陣の翌年、1955年11月の保守合同による自由民主党の発足でも大きな役割を果たしている。
緒方竹虎(国立国会図書館「近代日本人の肖像」より)

本来、緒方は「一人一業」をモットーに生涯新聞人を貫こうとしていた。それがなぜ朝日をやめて政界に転じたのか。じつはそこには田畑政治が重要な役どころでかかわっていた。もっとも、田畑としても緒方の政界入りは本意ではなかったのだが……。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

リリー・フランキーのプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「リリー・フランキー」に関する記事

「リリー・フランキー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

いだてん

NHK大河ドラマ「いだてん」

お買いものリンク