review

『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙


『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙
最終回は6月13日(日)放送。画像は番組サイトより

仲間に囲まれて目を潤ませた風真。櫻井も事前のダイジェスト番組で月日と自身の境遇を重ねたコメントをしていたが、視聴者も風真の姿と“20年”というキーワードに、21年間活動を続けてきた嵐としての櫻井翔の人生を重ねた人も多かったようだ。

朋美と大和は協力関係があるようでいて、利害関係が一致しているだけ。実はそれぞれに目的が異なる。それに対してアンナには血の通う関係を築いた仲間がいる。風真とアンナはこれまでペアで事件を解決に導いてきただけに、離れていても心がつながったシーンは特別だった。

チームが総力をあげて探し出した車の後部座席で、風真が何かをみつけた。離れているアンナに「アンナ、俺、大丈夫かな?」とテレパシーを送るようにつぶやくと、監禁されているアンナも「大丈夫」。その目には力が入っていた。

「この世に晴れない霧がないように、解けない謎もいつかは解ける。解いてみせましょう、この謎」。くるりと前を向き「さぁ真相解明の……時間です」パチンと指を鳴らした。これまでとは違う、落ち着いた口調。今回の一件で随分とたくましく成長した風真だった。

第10話のタイトルは『愛してくれてありがとう』。9話の最後に風真が車内でみつけたものが明かされていなかったが、アンナ救出のカギを握っていそうだ。
(柚月裕実)


『ネメシス』未公開シーンを含む「特別版」
独占配信<2週間無料>



【前話レビュー】『ネメシス』7話 思わぬ人物から突然、出生の秘密を告げられたアンナ(広瀬すず) 急展開に視聴者もびっくり
【前話レビュー】『ネメシス』19年前の事故にぐっと近づいた第6話 真木よう子がミステリアス……!
【関連レビュー】『ネメシス』5話 天狗伝説、ともさかりえ、とくれば思い出す『金田一少年の事件簿』

※最終回のレビューを更新しましたら、エキレビ!のツイッターにてお知らせします

番組情報

日本テレビ系
『ネメシス』
毎週日曜よる10時30分〜

出演:広瀬すず 櫻井翔
江口洋介 仲村トオル 真木よう子 橋本環奈 石黒賢 山崎紘菜 上田竜也 大島優子 勝地涼 中村蒼 富田望生

総監督:入江悠
監督:片桐健滋 / 岸塚祐季
脚本:片岡翔 / 入江悠
音楽:横山克

製作著作:日本テレビ

番組サイト:https://www.ntv.co.jp/nemesis/

Writer

柚月裕実


Web編集/ライター。ジャニヲタ。アイドルがサングラスを外しただけでも泣く涙腺ゆるめな30代。主にKAT-TUNとNEWSですが、もはや事務所担。

関連サイト
@hiromin2013


Illustrator

AYAMI


三度の飯より絵を描きたい。お絵かきと音楽が生きる糧。ロックスターHYDEさんを長年崇拝。

関連サイト
@vavavamping

この記事の画像

「『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙」の画像1 「『ネメシス』離れていても“通じた”アンナ、そしてチームネメシス。仲間に囲まれて目を潤ませる風真に涙」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

ネメシス

ネメシス

入江悠監督が仕掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。櫻井翔演じるポンコツ探偵と広瀬すず演じる天才すぎる助手が超難解な事件を次々解決。日テレ系にて、2021年4月11日〜6月13日放送。

お買いものリンク