坂本花織は必ず復活する。盟友・三原と笑顔の未来へ繋がる、失意の今季の意欲的な挑戦

坂本花織は必ず復活する。盟友・三原と笑顔の未来へ繋がる、失意の今季の意欲的な挑戦
拡大する(全1枚)

シニアデビューから2年、彼女はまさに順風満帆だった。だが、さらなる飛躍を期して迎えた今季、思うような時を過ごすことができずにいた。グランプリファイナル出場を逃し、全日本選手権は6位。そして挽回をかけて臨んだ四大陸選手権で5位、今季を象徴するような結果に終わってしまった。
だが、坂本花織は、必ず復活する。苦しみの中でもがき続けた日々は、きっとつながるはずだ。盟友の三原舞依と共に、笑顔で過ごす未来へと――。

(文=沢田聡子、写真=Getty Images)

大学生となり、練習方法を変えて臨んだ今シーズン

坂本花織の最大の魅力は、スピードだ。バランスを崩さないのが不思議なほど深く傾けたエッジでリンクの隅まで使う坂本のスケーティングには、迫力と爽快感がある。武器であるジャンプの飛距離も、卓越したスケーティングの勢いそのままに踏み切っているからこそ出るのだろう。

しかし、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ今季の全日本選手権・ショートプログラム後、ミックスゾーンで坂本は次のように語っている。

「今回、『なんか全然スピード出ないな』って思いながら滑っていて」

見る者からすれば十分にスピードのあるスケーティングだったが、坂本本人には違和感があったということになる。今思えば、勢いに乗れないままシーズンを終えてしまった今季の坂本を象徴するような言葉だった。

坂本はシニアデビューした平昌五輪シーズン、全日本選手権で2位となり、激戦を制して五輪出場枠を勝ち取った。出場した五輪で6位に入賞、翌シーズンも四大陸、世界選手権に出場した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

三原舞依のプロフィールを見る
REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「三原舞依」に関する記事

「三原舞依」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三原舞依」の記事

次に読みたい「三原舞依」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク