陸上・卜部蘭、史上初の中距離女子1500m出場。乗り越えた“応援される喜びと苦悩”
拡大する(全1枚)

史上初めて、オリンピックの中距離女子1500mに日本人が出場する。卜部蘭(うらべ・らん)と田中希実だ。マラソンや駅伝の注目度が高い日本において「中距離の発展が東京五輪に挑む動機の一つ」だと語る卜部は、多くの期待を背負い、その重さと向き合い、より一層強くなった。果たして“自由な風習の中で育ったサラブレッド”はどのような走りを見せてくれるのだろうか?

(文=守本和宏、写真=GettyImages)

“できることは全てやって”手にした東京五輪出場

卜部蘭を指導する横田真人コーチは、彼女の性格、そして五輪出場までの道のりを、こう表現する。

「“コツコツやる”“継続する”は、ずっと彼女が持ち続けてきたこと。ただ、今年はすごくつらそうだった。応援してくれる人のためにオリンピックに出なければいけない、何で出なければいけないのかと、4月~6月は迷子になっていた。でも、やはり彼女の良さは「○○しなきゃ」より「自分がこうしたい」という思想が原動力。最終的には、自分のあるべき姿と理想のギャップに苦しみ、乗り越えて代表になった。それがすごく価値のあること」

若くしてその能力を評価されてきた卜部。2019年日本陸上競技選手権大会では800mと1500mで2冠を達成。中距離で注目を集める田中希実とともに、女子陸上界を担う顔となった。スラリと伸びた上背が印象的で、跳ねるように走る姿が美しい、一見する価値のある選手だ。

しかし、今シーズンは苦戦が続いた。目標だった東京五輪出場を目指し、1500mに絞って各大会を転戦。オリンピックの参加標準記録4分04秒20を狙うのは非現実的と判断し、世界ランキング45位以内での出場に切り替え、ポイントを稼ぐ必要があったからだ。