■地震が多い中国

 世界的に「地震最多国」などとされる日本に比べれば少ないが、中国は地震の多い国に属する。【そのほかの中国での地震に関する写真

 発生件数が多いのは◆遼寧半島から渤海湾を経て、山東省、安徽省に至るライン◆河北省、河南省、山西省一帯◆陜西省から、四川省、重慶市、貴州省、雲南省に至るライン◆雲南省南西部◆甘粛省◆新疆ウイグル自治区北西部◆新疆ウイグル自治区中央から西に伸びるライン◆チベット自治区中部を東西に横切るライン◆チベット自治区とネパールなどの国境地帯――など。

■1556年「華県地震」では83万人死亡

 20世紀になってから、中国ではマグニチュード6以上の地震が約800回発生し、死者は約50万人(2008年5月12日に四川省で発生した地震を含めず)と、全世界の地震による死者の約半数を占めている。

 また20世紀以来、中国国内で発生した自然災害の死者のうち、約半数が地震による死者が占める。

 歴史的に最大の被害をもたらした地震は1556年1月13日に陜西省で発生した華県大地震で、2004年のスマトラ沖地震の津波被害を合わせた死者、行方不明者約30万人の約2.5倍に相当する83万人が死亡した。陜西省には窰洞(ヤオトン)と呼ばれる崖を利用した横穴式住居が多く、地震が発生したのが夜中だったため就寝中、地盤の崩壊で生き埋めになった人が多かったためとされる。

■古くからあった地震記録と観測