春ライヴ好評の曾我泰久&衛藤浩一(THE GOOD-BYE)、秋ツアーも決定:1

春ライヴ好評の曾我泰久&衛藤浩一(THE GOOD-BYE)、秋ツアーも決定:1
結成30周年記念コンサートを2013年11月に行った、THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)。4カ月が過ぎた14年3月、曾我泰久と衛藤浩一が【LIVE TOUR 2014春~Dear Friend~】をスタート。全国11箇所の会場を2人で回る、ギター&ドラムのカジュアルで温かなアコースティック・ライヴを開催した。(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)(サーチナ)
       
 結成30周年記念コンサートを2013年11月に行った、THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)。公演は2回のみでチケット即完というプレミアムな開催となり、1980年代に発表したシングル・アルバム曲の数々を披露。

 なつかしいナンバーがカッコ良く再現され、満員の会場が大きな感動で包まれた。それから4カ月が過ぎた14年3月、曾我泰久と衛藤浩一が【LIVE TOUR 2014春~Dear Friend~】をスタート。全国11箇所の会場を2人で回る、ギター&ドラムのカジュアルで温かなアコースティック・ライヴを開催した。

 終盤に差し掛かった5月4日は、京都の老舗ライヴハウス・都雅都雅(とがとが)が会場だった。オープニングは「Forever Friends」。グッバイ30周年コンサートのラスト曲だったので、“30周年イヤーは続いている”という再開の気持ちを込めた選曲だったのかもしれない。

 大きい会場で聞いた時よりもシンプルな音に乗った曾我の歌声が、心地良く耳に入ってくる中、続いたのはグッバイ時代に作った曲ながら、曾我のソロデビューアルバムに収録された「Round & Around」。バンドスタイルで盛り上がることが多い曲だが、アコースティックでは歌詞がよりしっかりと伝わってきて、楽しいライヴになることを確信できた。

 「ヤッちん! コーちゃん!」というグッバイ時代の愛称が、かけ声となって男性ファンを中心に客席から届き、最初からテンションが上がったという曾我。【Dear Friend】というタイトルで友人を招くライヴを度々開催しているが、この春は付き合いが30年を超えた兄弟のような存在の衛藤に声をかけた。2人にしか作れない音と空気が、あふれているステージだ。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年7月4日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。